サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

デジタルピヴォ! プラス

まだ適応期間、リカルジーニョのスペインリーグ序盤戦(2013/10/17)

01 3節のバルセロナ戦でサイドでドリブル突破を試みるリカルジーニョ。2013年夏に名古屋オーシャンズからスペインの名門インテルへ移籍した。

 

文◆座間健司 写真◆www.golsala.com

 

9月5日にポルトガル代表リカルジーニョの入団がインテルから発表された。9月13日に開幕するリーグの直前のことだった。インテルは10番を空けてリカルジーニョの加入を待っていた。昨シーズンからスペインのメディアの間ではリカルジーニョのインテル入団の話が取りざたされていた。地元メディアはやっと決まったという論調でリカルジーニョが名古屋オーシャンズからインテルへ移籍が決まったことを伝えていた。

 

地元メディアはリカルジーニョを大きく取り上げた。インテル入団翌日にはスペインで最も多くの部数を誇るスポーツ日刊紙『マルカ』の編集部を訪れ、インタビューに応じている。リカルジーニョはそのインタビューの中でインテルに入団できた喜びを語り「いつの時代も偉大な選手たちがいる偉大なクラブの歴史の一部になりたい。それは僕にとって大きな挑戦だ」と続け、「インテルでまた欧州王者になりたい」と話している。また長引いた移籍交渉について質問されると「とても難しいものだった。何か月も話してきたけど、名古屋オーシャンズには感謝している。インテルでプレーできるために名古屋オーシャンズはすべてのことをやってくれた」と答えた。リカルジーニョの華麗なプレーをスペイン人も期待し、彼も今まで日本、ポルトガルで実証してきたようなスペクタクルを提供したいと抱負を語った。

 

(残り 1648文字/全文: 2326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック