デジタルピヴォ! プラス

湘南・久光重貴「復帰を夢見て治療に専念する傍ら、フットサルリボン活動をしてます」(2014/1/24)

1_久光_久々の笑顔
薬の効果もあって笑顔を見せる久光重貴選手。

 

日本対がん協会
http://www.jcancer.jp/

 

鈴村選手と一緒に小児がん患者の支援活動

 

1月19日、町田市総合体育館での町田×湘南戦の試合後に、右上葉肺腺がんからの復帰に向けて治療に専念する湘南ベルマーレの久光重貴選手に会って話を聞くことができた。久光は、先に、上咽頭がんから復帰したデウソン神戸の鈴村拓也選手と共に、日本対がん協会のフットサルリボン活動のアドバイザーにご就任した。フットサルリボン活動とは「フットサルファンへのがん啓発と小児がん患者支援」を行うもの。2人がこの活動に従事するきっかけや活動内容については日本対がん協会のHPに詳しいので参考にしていただくとして、今後の活動について久光から以下のメールを受け取ったので報告します。
「法人、個人の皆様へのお願いと、加えて自分の活動としては正直まだ決まっていません。12月16日に日本対がん協会の方々とデウソン神戸の鈴村選手と病院関係者、小児がん経験者との会議を行ないまして今現在一番何ができるかを模索しているところです。先日の墨田セントラルからフットサルリボンの募金を開始させていただいて、1月12日の小田原アリーナで募金をしていただいた方にシリコンバンドを配布させていただいています。今後このシリコンバンドはFリーグ全チーム分用意をさせていただいて多くのフットサルファンにこの活動を知っていただければと思います。自分も治療中ではありますが、もう一度選手としてピッチに立つことでがんという病気が=死ではないことを知っていただき、多くの方に検診を呼び掛けることができればと考えています。早期発見ができれば今は治療の仕方はたくさんあるので怖いという認識を変えることができたらと考えています。今後活動内容等が決まりましたらご協力をお願いすると思いますので、その際はよろしくお願いします」
フットサルリボンの趣旨に賛同した皆さん、今後どんな形で協力ができるか各自で考えていこうではありませんか。以下に町田のホームアリーナで治療の現状を聞いた久光へのインタビュー記事を掲載しました、ぜひ読んでください!

 

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

2_久光_その2
湘南ベルマーレは久光重貴選手の3番のユニフォームを掲げて試合前の集合写真撮影に臨んでいる。ボラと一緒にユニフォームを持っているのは久光の実弟、邦明選手。

 

自分に合った抗がん剤を服用中

 

Pivo! 元気そうで何より。差し支えなければキミの治療の現状などを話してほしい。

 

久光 あ、ぜんぜん大丈夫です。

 

Pivo! 治療は今どんな状態か。

 

久光 治療の現状としては毎日、飲み薬で抗がん剤を飲んでいます。で、以前はがんと聞くと抗がん剤を点滴で入れて、すごくしんどい治療というイメージだと思いますが、今は、飲み薬でできる治療もあるので。で、たまたま僕の場合は肺腺がんというがんで、そこの中の遺伝子変異をを起こしたがんだったので、その飲み薬が僕の病状に適応してくれています。それに当てはまらない場合はほかの抗がん剤を点滴で入れなければならなかったわけで、運よくというか。

 

Pivo! 効いてくれる飲み薬の抗がん剤があった。まさに幸運だ。

 

久光 今服用しているこの抗がん剤も、女性で、東洋人で、煙草を吸わない人にすごい効果が出るという、限定された薬だったんですけど。その特定されていた部分に完全に適用しているわけではないので、どうなるか分からないといわれていた中でチャレンジしてみたところ、その薬が適用してくれて。でも、薬の飲み始めはやっぱり、体調の変化だったり、その抗がん剤って錠剤ですけども、ちょっとした毒を体内に入れるようなものですね。がん細胞の進行を止める薬なので体の中のいい細胞も殺してしまうという薬なので。皮膚だったり、髪の毛もそうですけど。あとは唾液だとか、そういう変わっていく組織に対して攻撃を加えてしまう薬です。ま、そこに対しても、一番初めは、ああ、これが抗がん剤なのかっていう感じだったんですけど。今、始めてちょうど7か月が経過したんですけど、自分の中でも毎日飲んでいるのでだいたい分かってきたというか。

 

(残り 3734文字/全文: 5520文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ