【サッカーパック人気1位】 【代表うぉっち】畠中槙之輔はキルギスでも元気いっぱいです(”保護者”は…

デジタルピヴォ! プラス

[FリーグプレーオフFinal Round第1戦]名古屋・川原永光選手「王者といわれてるけど、全然王者じゃない」(2014/3/7)

2_試合前の川原。
この第1戦で決着をつけようとの意気込みが前から行き過ぎ大量失点につながったと川原(写真中央)は振り返った。写真は試合前の選手紹介で。

 

Fリーグ2013/2014 powered by ウイダーinゼリー プレーオフ 第1戦
名古屋オーシャンズ 6-7 バサジィ大分
2014年3月1日 18:35Kickoff テバオーシャンアリーナ 観客数:1,341人

 

【得点経過】
0-1 1分59秒 バサジィ大分 12 小曽戸允哉
1-1 4分31秒 名古屋オーシャンズ 9 森岡薫
1-2 5分57秒 バサジィ大分 19 中村友亮
1-3 9分15秒 バサジィ大分 12 小曽戸允哉
2-3 10分01秒 名古屋オーシャンズ 9 森岡薫
3-3 10分45秒 名古屋オーシャンズ 9 森岡薫
3-4 13分55秒 バサジィ大分 19 中村友亮
3-5 18分07秒 バサジィ大分 19 中村友亮
3-6 25分41秒 バサジィ大分 11 ディドゥダ
3-7 32分42秒 バサジィ大分 12 小曽戸允哉
4-7 34分19秒 名古屋オーシャンズ オウンゴール
5-7 35分43秒 名古屋オーシャンズ 9 森岡薫
6-7 38分49秒 名古屋オーシャンズ 9 森岡薫

 

▼ケガから5か月ぶりに復帰

 

優れたゴレイロって、どうしてこうも、頭脳明晰で試合分析力があり、負けん気が強く、なおかつそれらを率直に実に巧みに言葉にしてくれるのだろうか。ゴレイロ経験なんて皆無なのにゴレイロの話を聞くのが大好きだ。今回も、これまで見たこともないような大量失点をした日本のエースゴレイロに囲み取材であけすけな質問をぶつけたにもかかわらず、思いのたけを語ってくれた。川原永光、35歳。去年のオーシャンアリーナカップではその予測能力を存分に発揮しゴレイロとして完璧なプレーを見せた。“キミからゴールを奪うのは大変だ”と大会後に彼に思わずいったことを思い出す。それほどの出来だった。ところが同じ8月のAFCクラブ選手権準決勝でカウンターを未然に防ごうとペナルティーサークルを飛び出したところを、イランのチームの選手に、つぶす意図を持ったとしかいいようのないような確信犯的行為で足を骨折する重傷を負い、リーグを離脱。今年1月のホーム浜松戦で5か月ぶりに復帰し、以来、途中出場3試合、フル出場2試合、ベンチ入りするも出場なし1試合の6試合を経て、バサジィ大分とのこの大一番に臨んだ。大量失点の原因はディフェンスとのコミュニケーション不足にあるという。川原の言葉に耳を傾けよう。

 

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

(残り 2856文字/全文: 3896文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック