【サッカーパック人気3位】 受動的な戦略、挽回した後半。勝利を希求も、試合最終盤に被弾【島崎英純】…

デジタルピヴォ! プラス

[Fリーグ第25節]府中アスレティックFC・田村研人「ホームでフウガに負けてからはプレーオフは僕の中で始まっている」(2015/1/9)

imageほえる、田村研人。

 

Fリーグ2014/2015 powered by in ゼリー 第25節
フウガドールすみだ 3-6 府中アスレティックFC
2014年12月13日(土)横浜国際プール 観客数:2,544人

[得点経過]
1-0 41秒 すみだ 8 太見寿人
1-1 5分15秒 府中 5 皆本晃
1-2 12分12秒 府中 17 ロドリゴ
1-3 13分12秒 府中 10 山田 ラファエル ユウゴ
1-4 29分43秒 府中 28 田村研人
2-4 32分25秒 すみだ 6 宮崎曉
2-5 32分48秒 府中 28 田村研人
3-5 39分37秒 すみだ 6 宮崎曉
3-6 39分06秒 府中 オウンゴール

 

シーズンを振り返るとき特別印象に深い試合はどのチームにも必ずある。府中アスレティックFCにとって、プレーオフ争いを前に大きな刺激になったのが、17節のホームでフウガドールすみだに3-9と大敗した試合だろう。横浜セントラルの初戦、すみだ戦に臨むにあたって谷本監督は“男のプライドにかけて戦え”とチーム全体にゲキを飛ばし、快勝した。この試合で2ゴ-ルを決めて気を吐いたのが、田村研人(26歳)だ。田村は“フウガにホームで負けた試合から僕の中でプレーオフは始まった”と語り、特別な思いで臨んだことを明かした。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

2点目は剛史さんのゴール

Pivo! 後半9分過ぎのキミの最初のゴールを振り返ってほしい。

田村 1点目は上福元に当ててその折り返しを。ピヴォに当てて落としを中に走り込むっていうのは去年からやってる形で。上福元とはずっとコミュニケーションとってるんで。信じて走りました。

(残り 1904文字/全文: 2569文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック