【サッカー人気5位】期限付き移籍選手の定点観測:J1総集編

デジタルピヴォ! プラス

Fリーグ・府中アスレ監督 谷本俊介の勇猛精進(8)「これが本当の実力」(2015/2/23)

アイコン最終版

 

谷本1

 

Fリーグ2014/2015 powered byin ゼリーのレギュラーシーズンが終了しました。

そしてポストシーズンにあたるプレーオフに府中は進むことができませんでした。

最終節までプレーオフ進出の可能性を残し、そこにかけていた思いが強かっただけに、チャンスをものにできず悔しい気持ちでいっぱいです。

最終節の結果により、プレーオフに届かなかっただけでなく、すみだに勝ち点を追い抜かれてしまい、最終順位は7位。

プレーオフ進出を2年連続で逃してしまい、また順位も昨シーズンと同じ7位で終わってしまったことについて、不甲斐なさを感じています。

府中の選手たちの顔ぶれ、タレントを見たときに、間違いなくこの順位で終わるチームではないと信じたくても、結果を見ればこれが本当の実力なのでしょう。

2年連続目標を果たせなかったこの事実に対する、精神的なダメージはかなり大きいものに感じています。

しかし、この結果としんしに向き合うことが次に進むための大事な作業。

これを怠れば明るい未来が来ることはないでしょう。

 

谷本2

 

では、このつらい状況をどう前向きにとらえるべきでしょうか・・・?

もしかすると最終戦を待たずに終戦していれば、精神的なダメージも小さく、悔しい気持ちもあっさりと整理がついたのかもしれません。

しかし、そのような不甲斐ない終わり方をしてしまっていたら、得るものは少なかったでしょう。

最後まで戦えたからこそ、

緊張感の高い試合を経験できましたし、

(残り 1340文字/全文: 1973文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック