【サッカー人気2位】長谷川健太監督の予感が的中してしまった…

デジタルピヴォ! プラス

[FリーグプレーオフFinal Round 第2戦]シュライカー大阪・佐藤亮「前半、2点差つけても名古屋は楽な試合運びをさせてくれなかった」(2015/3/3)

佐藤_1_佐藤亮試合前の集合写真撮影の段階から気合入りまくりの佐藤キャプテン。40分で勝利しなければ全てが終わってしまう戦いが始まる。

 

Fリーグ2014/2015 power by inゼリー
[プレーオフ第2戦]
名古屋オーシャンズ 5-6 シュライカー大阪
[延長戦]
名古屋オーシャンズ 2-0 シュライカー大阪
2015年3月1日(日) テバオーシャンアリーナ 観客数:1,002人

 

何が功を奏するかわからない。名古屋オーシャンズが8季連続リーグ優勝を決めた日。試合後に佐藤亮に囲み取材を申し込んでいながら折り合いが悪く、結局話が聞けないまま個人的な理由から後ろ髪引かれる思いで帰路に着いた。敗れたりとはいえ、攻守に健闘したキャプテンのコメントが取れなかったことは心残りだったが、やむを得ない。ところがその翌日、佐藤からメールが届いた。「ぜひ僕らのプレーを広く伝えてほしいので電話でもメールでも取材をしてくれれば対応する」。こんな幸運があるのか。僕はさっそく長文の質問事項を送り、佐藤からはそれ以上の長文の回答が返ってきた。そこには戦う選手たちの心理が巧みに記されていて、試合終了後に対面で話を聞くのとは違うリアリティがあった。余計な前振りはこのくらいにして、1回目をさっそく読んでいただこう。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

佐藤_2_佐藤_前鈍内が先制弾2日連続の前鈍内のゴールで名古屋が先制する。

 

佐藤_3_佐藤_0-1で早くもPP先制ゴールを許した大阪はすかさず宮竹を上げてパワープレーに出る。

 

佐藤_4_佐藤_奥田が仕掛ける大阪はパワープレーで揺さぶっておいて中央から奥田がマークを外してゴール前にシュートパス。

 

佐藤_5_佐藤_佐藤の同点弾このボールを佐藤がコースを変えてゴールにつなげた。これで1-1の同点。

 

佐藤_6_佐藤ガッツポーズチームで決めた会心のゴールに佐藤、ガッツポーズ。

 

佐藤_7_奥田、加藤ガッツポーズ奥田と加藤もそれに呼応するようにガッツポーズ。

 

佐藤_8_バナナゴール 左コーナーキックからの佐藤の落としをヴィニシウスが決めて逆転。

(残り 1977文字/全文: 2784文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック