【サッカーパック人気2位】 “戦国”J2の怖さを体感。残留争いを戦う栃木のパワーを崩し切れず【栃木…

デジタルピヴォ! プラス

[Fリーグプレーオフ Final Round]府中アスレティックFC・谷本俊介監督「名古屋に勝てる確率を上げられるようにこれからチームづくりをしていきます」(2016/1/11)

タイトル写真

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2015/2016 プレーオフ Final Round
名古屋オーシャンズ 6-3 府中アスレティックFC
2016年1月9日(土) テバオーシャンアリーナ 観客数:1,840人

[得点経過]
0-1 04分19秒 府中   10 山田 ラファエル ユウゴ
1-1 07分09秒 名古屋  11 セルジ-ニョ
1-2 10分27秒 府中   10 山田 ラファエル ユウゴ
2-2 16分46秒 名古屋     4 酒井 ラファエル 良男
3-2 17分17秒 名古屋      9 森岡薫
4-2 25分21秒 名古屋  14 ペドロ コスタ
5-2 29分54秒 名古屋  10 シンビ-ニャ
6-2 33分38秒 名古屋     9 森岡薫
6-3 37分22秒 府中   10 山田 ラファエル ユウゴ

 

谷本監督は記者会見後、インタビューにて“クロモトのパワープレーの意図”のことや“今後のチーム”についても教えてくれた。 プレーオフ Final Round敗戦という心身ともに疲労する状況の中、対応してくれたことに感謝したい。また、山田 ラファエル ユウゴ選手のハットトリックはもちろん、個人的には宮田義人選手の「献身的な守備」と「ゲームメイク」にも敬意を表したい。数々のチームのピンチを救っていたように思えた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤学

 

以下が谷本監督のインタビュー。

Pivo!:宮田選手の「献身的な守備」と「ゲームメイク」が光っていました。

谷本:ピッチで何か起きたとき、(自分のセットの)味方が迷っているときは率先してゲームをコントロールするようには伝えています。宮田は僕が監督に就任した年にキャプテンを任命し、2シーズンキャプテンをしてもらいました。キャプテンを退いた今でも頼りにしています。ケガから復帰をして最近はプレイに自信が満たされているのでキャプテンをしていたときのような役割も期待しています。

(残り 1683文字/全文: 2445文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック