再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

デジタルピヴォ! プラス

[関東リーグ得点王]リガーレ東京・岡野健「湘南時代にボラがゴールのコツを教えてくれたおかげ」(2016/1/11)

1_優勝を決めた最終節もゴール優勝を決めた最終節でシーズン22ゴール目をゲット、サポーターの歓喜の中を“ビクトリーラン”。

 

2_18麻賀とのパス交換からゴールに迫る。共に攻撃を担う18麻賀とのパス交換から相手ゴールを脅かす。

 

3_左サイド突破からシュート!カウンターから左サイドを突破しシュート!

 

SuperSports XEBIO 第17回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY 第18節
ブラックショーツ 1-5 リガーレ東京
2015年12月27日(日) 駒沢体育館 観客数:378人

[岡野健のゴールとリガーレ東京の戦績]《》内は岡野のゴール数
第1節 《2》 4△4 FCmm
第2節 《0》 4⚪︎0 カフリンガ東久留米
第3節 《0》 1⚫︎2 バルドラール浦安セグンド
第4節 《0》 2⚫︎5 ゾット早稲田
第5節 《2》 4⚪︎2 柏トーア′82
第6節 《1》 2⚪︎0 ファイルフォックス府中
第7節 《2》 3△3 コロナFC/権田
第8節 ー
第9節 《2》 8⚪︎2 ブラックショーツ
第10節 《1》 2△2 カフリンガ東久留米
第11節 《3》 5⚪︎4 バルドラール浦安セグンド
第12節 《0》 3⚪︎2 ゾット早稲田
第13節 ー
第14節 《1》 3⚪︎2 コロナFC/権田
第15節 《4》 5⚪︎4 FCmm
第16節 《1》 3△3 ファイルフォックス府中
第17節 《2》 4⚪︎0 柏トーア′82
第18節 《1》 5⚪︎1 ブラックショーツ

 

ゴールを決めた試合は負けなしの快挙

関東リーグ2015は9チームによる2回戦総当りのリーグ戦が終了し、得点王は優勝したリガーレ東京の岡野健が獲得した。ゴール数は22だった。チームの戦績は10勝4分け2敗だったが、岡野は全16試合のうち12試合でゴールを決めていて、その内訳は8勝4分けと、ゴールを挙げた試合は負けなしという快挙を成し遂げている。ちなみにランキング2位は20ゴールの馬場和也(柏)、3位は19ゴールの米谷悟(ゾット)だった。

リガーレは西野監督のコーチングのもと、徹底してディフェンスに軸足を置く戦いを貫いてリーグタイトルを奪取したが、そのチームにあって得点王を獲得したからこそ価値があるといえるだろう。岡野はこのことに関して、「リガーレに足りないのは攻撃の部分。僕とかカオル(麻賀)、キャプテンのサスーン(碓井)とか攻撃的な選手がうまくゴールに絡めた」とシーズンを振り返っている。デジタルピヴォ!は得点王争いがしれつな12節にランキング上位者を取材しているが、このとき岡野は「得点王は、ずばり、僕です」とコメントしていた。有言実行でタイトル奪取した男に話を聞いた。

まとめ◆デジタルピウ゛ォ! 山下

 

[激闘! 関東リーグ得点王争い]リガーレ東京・岡野健「得点王は、ずばり、僕です」
https://www.targma.jp/pivoplus/2015/10/15/post19305/

 

4_第応援団に勝理の報告をするリガーレ。大応援団に優勝の報告をするリガーレ。

 

チームの勝利を第一に目指した結果

Pivo! 得点王を決めた今の気持ちは?

岡野 そうですね、欲しいタイトルの1つではあったので、とてもうれしく思います。

Pivo! リーグ終盤の15節にキミはFCmm戦で4ゴールを決めたが、このときにはライバルの山村(権田)も4ゴール、米谷(ゾット)がハットトリックと固め撃ちをしてきた。何人もの選手に可能性がある中で、最終的に得点王を決めた最大の要因はどの辺にあるのか。

岡野 自分自身、ゴールが欲しいんですけど、そこで“ゴール、ゴール!”っていうプレーになるんじゃなくて、まずチームの勝利のためにプレーをしていれば自ずとゴールは増えるかなと思ってプレーしていたので、別に味方がいいところに走ればパス出しますし、自分で決めるべきならシュート撃ちますし、特にゴールっていう欲っていうよりかは単純に勝利を第一に目指してやったプレーがこういう結果に終われたのかなって思います。

(残り 2548文字/全文: 4114文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック