【サッカー人気4位】北関東ライター緊急座談会(前編)「長引…

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:[全日本選手権]コロナFC/権田・鈴木正太監督「 Fリーグのチーム相手でもスタイルは変えません!」(2016/2/10)

 

第21回全日本フットサル選手権・関東大会
2016年1月23日(土)立川市泉市民体育館
FUTURO 3-3(1PK2) コロナFC/権田

2016年1月30日(土) 駒沢体育館
準々決勝
Y.S.C.C.フットサル 3-4 コロナFC/権田

2016年1月31日(日)駒沢体育館
準決勝
リガーレ東京 3-3(2PK3)  コロナFC/権田
決勝
柏トーア’82 2-2(3PK4) コロナFC/権田

 

 

 

 

 

3月4日(金)から3日間、静岡・大阪・兵庫で開催される第21回全日本選手権大会1次ラウンド。
関東大会で優勝を果たし、クラブ史上初の全国大会進出の切符を手にしたコロナFC/権田(関東フットサルリーグ1部・以下権田)。
2月5日(金)の組み合わせ抽選会により権田は静岡B会場にて以下の3チームと戦うこととなる。
エスポラーダ北海道(Fリーグ)
アグレミーナ浜松(Fリーグ)
ミキハウスフットサルクラブ(関西フットサルリーグ)

関東大会4試合中、3試合をPK戦での勝利というしぶとい戦いぶりをみせた権田。
鈴木正太監督は 関東大会優勝後、優勝と全国大会でFリーグのチームと戦うことへの喜びをかみしめていた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤学

 

Q:関東第1代表としての全国大会、意気込みを。

鈴木:Fリーグに勝つためのチームづくりを今までしてきました。ようやくそれを公式戦で試せるチャンスが来ました。そういう意味でまた新たなチャレンジができるきっかけとなりよかったです。本大会はFリーグのチームに対してどこまでできるか。どうやったら勝てるかを追求します。ただチャレンジをするのではなくてしっかり勝利したいですし、できれば名古屋オーシャンズと戦いたいです。

Q:今までなかなか全国大会への切符を得られなかった中で今回手に入れられた要因は?

鈴木:土台にあるのは長く同じメンバーでやってきた積み重ねです。それから、前にベスト4で4チーム中3チーム行けるのに権田だけ行けなかったというつらい経験をしたメンバーが再入団含めていること。それに新しいメンバーも加わりすごく勢いがついたのと総合力、あきらめない力。リーグでもそうですが、もう試合は決まったかなという状況の中からの逆転であったり粘り強さはついたかなと思います。今大会の4試合中3PKにもあるように勝ち切れる力。負けない強さがあると思います。

Q:慌てていないこと。準決勝でも残り1分で2点差で負けていました。メンタルのところについて。

鈴木:難しい試合を勝ち切っているので誰も負けるイメージはしていなかったと思います。他のチームの監督にもいわれました。「権田と対戦するときは最後の最後まで何が起こるか分からない」と。自分たちも最後まで負ける気はしないですし、絶対勝てるはずだと強い気持ちでいます。

Q:選手権までの課題・伸ばしたいこと。

鈴木:新しいことはありませんが、圧倒的に攻めても入らないというところが課題です。あとはそんな中でぽっと1発の失点。攻め続けてくるとリスクはあるので、その時間が来る前に10点でも20点でも獲っていればその危ない時間帯での1点や2点は痛くもかゆくもないので。
権田はオフェンスもディフェンスもオフェンシブです。相手からボールを奪うディフェンスをしてオフェンスにつなげたいので受け身にはなりたくないです。常に主導権。守っていても主導権を握りたいです。そのための前プレなので。そういうトレーニングをしています。今日2試合続けて前プレをかけ続けたのは権田だけだと思います。
そして、気をつけたのはベンチコントロール。交代のタイミングを早くしたり、フレッシュな選手を起用したりということはしながら乗り切りました。あまり出せないくらい疲労していた選手もいました。その選手は休ませて重要なところだけ出すという形にしました。その中でも今日の2点目の石井はワンチャンスを決めてくれたなと思いました。なかなか出場機会がなくても出したら決めてくれると一気に盛り上がります。リスクはあっても一緒に練習している仲間なのでそこは信用していますし、周りもサポートしてくれます。

Q:目標は。1次ラウンドはFリーグのチームを破り突破ですね。

鈴木:Fリーグのチームを破り代々木に帰って来たいです。

Q:Fリーグのチームにも変わらないスタイルで戦いますか?

鈴木:もちろんです。Fリーグのチーム相手のほうがもっとアグレッシブに行くと思います。相手のほうが上手なので自分たちのギアを上げていかないと通用しないので。どんどんアグレッシブに行き、相手を疲れさせて権田のペースに引きずり込みたいです。

インタビューは以上。

以下が近年の権田の全日本選手権での結果となる。
2010年
第15回全日本フットサル選手権2010年神奈川県大会 優勝
第15回全日本フットサル選手権 関東大会ベスト16
2011年
第16回全日本フットサル選手権 神奈川県 関東リーグ前期4位のため予選免除
第16回全日本フットサル選手権 関東大会 ベスト8
2012年
第17回全日本フットサル選手権 神奈川県大会 優勝
第17回全日本フットサル選手権 関東大会 4位
2013年
第18回全日本フットサル選手権2013 神奈川県大会 3位
2014年
第19回全日本フットサル選手権2014 神奈川県大会 ベスト8
2015年
第20回全日本フットサル選手権2015 神奈川県大会 優勝
第20回全日本フットサル選手権2015関東大会 ベスト8
2016年
第21回全日本フットサル選手権2016 神奈川県大会 関東リーグ前期2位のため予選免除
第21回全日本フットサル選手権2016関東大会 優勝

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック