【サッカー人気1位】【フォトレポート】9日間のオフが明け再…

デジタルピヴォ! プラス

[ピヴォチャン2016全国大会予選リーグ]グループCに異変! 日系人チームTOKISAIにカフリンガ破れる! (2016/5/4)

番狂わせを演じたTOKISAI(愛知・大府グリーンフットサルクラブ代表)。

 

▪️予選リーグCグループ結果

 

▪️出場チーム

カフリンガ東久留米(シードチーム/関東リーグ)。

 

冨田FC(徳島・うだつアリーナ代表/四国リーグ)。

 

BFC-KOWA(群馬・デルミリオーレ高崎代表/群馬県リーグ1部)。

 

■大会名:『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! F-CHANNEL Pivo! Champions’s Cup 2016 』全国大会予選リーグCグループ
■開催日:2016年5月4日(水・祝)
■会場:フットサルステージ http://www.futsal-stage.com/
■特別協賛:F-CHANNEL http://f-channel.net/web/futsal.html
■協賛:株式会社ユーロプラスインターナショナル / 株式会社ロンヨンジャパン / ラブイエロー / アレグレ
■主催:デジタルピヴォ! http://www.pivo.co.jp/
■大会HP:http://f-channel.net/pivo2016/index.html

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

TOKISAIが決勝ゴールを決めカフリンガを振り切った。。TOKISAIの面々は特別テクニックで優れているようには思えない。だが、故国ブラジルで子供のころからフットサルに親しみ、結果重視のシビアな環境下でメンタルが磨かれた彼らには特有の強さが感じられた。

 

▪️マッチレポート
TOKISAI、勝負強さを発揮

シードチームのカフリンガ東久留米と、愛知の大府グリーンフットサルクラブ予選で優勝した日系ブラジル人チーム、TOKISAI。ともに第1試合を終えた時点で僕が受けた予感が的中してしまった。
カフリンガは初戦、終わってみれば冨田FCに5-2で勝ったものの相手に先制を許す不安定な立ち上がり。一方のTOKISAIは、BFC-KOWAを相手に4-0の完封勝利だった。ブラジル人特有の球際の強さと、とことん勝負にこだわる強いメンタルが遺憾なく発揮された初戦だった。持ち前の力感がシードチームを上回っているように思えた。そしてグループ2試合目、そのカフリンガとTOKISAIが直接対決となった。

試合はカフリンガがまたも相手に先制を許し、0-1で後半へと折り返す。その後半も最初のゴールはTOKISAIが決め、スコアは0-2。追い込まれたカフリンガだが、ここから懸命の巻き返しを見せ、鰐渕、内田の連続ゴールで試合を振り出しに戻す。このままドローで終わるのか。しびれるような試合の終盤、TOKISAIに勝ち越しゴールが決まる。
ゴレイロのロングボールを相手ゴール前でピヴォのイチヤナギが胸トラップ、ボールが小さく弾んだ先に左アラのナカガワが走り込みダイレクトシュート、鮮やかにゴールネットを揺らした。試合はこのまま2-3で終わり、その後の第3試合、ともに勝ったもののTOKISAIが3戦全勝、勝ち点9でシードチームを押しのけて決勝進出を決めた。
明日の決勝トーナメントでも台風の目になることは間違いない。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ