【サッカー人気4位】男子サッカーの問題点。日本はなぜ10人…

デジタルピヴォ! プラス

[ピヴォチャン2016全国大会予選リーグ]BグループはLIGARE TOKYOが3チームを引き離し、決勝トーナメントへ進出!(2016/5/5)

 

■大会名:『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! F-CHANNEL Pivo! Champions’s Cup 2016 』全国大会予選リーグBグループ
■開催日:2016年5月4日(水・祝)
■会場:フットサルステージ http://www.futsal-stage.com/
■特別協賛:F-CHANNEL http://f-channel.net/web/futsal.html
■協賛:株式会社ユーロプラスインターナショナル / 株式会社ロンヨンジャパン / ラブイエロー / アレグレ
■主催:デジタルピヴォ! http://www.pivo.co.jp/
■大会HP:http://f-channel.net/pivo2016/index.html

 

■大会結果

■マッチレポート


LIGARE TOKYO(シードチーム)。

 


GAJUN(東京・ミズノフットサルプラザ千住予選代表)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nikkei Latino(神奈川・ZUCC FUTSAL BASE大井予選代表)。


FCトミタ(神奈川・横浜ベイフットサルクラブ代表)。

 

 

Bグループ第1試合・LIGARE TOKYO×GAJUN。先制点はチームのムードメイカーである武田潤選手(LIGARE TOKYO)であった。

 


Nikkei Latino、

 


FCトミタ、

 


GAJUNと3チーム共にLIGARE TOKYO相手に敗戦をし、それ以外の2試合はそれぞれ2引き分け・勝ち点2と3チームが並ぶ。

 


LIGARE TOKYOは3戦全勝で勝ち点9と1人(チーム)勝ちとなった。エースの岡野健選手をはじめとして、元々いたメンバーの活躍もありつつ、

 


関東リーグ移籍市場でのビッグニュースであった米谷悟選手等、新戦力のお披露目・調整の機会にもなった。

 

 2015/2016シーズン、出場機会になかなか恵まれなかった武田潤の先制ゴールからLIGARE TOKYO劇場ははじまった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤学

 

 

チーム最初の得点を獲った武田潤選手(LIGARE TOKYO)「最初の試合で、かつ、狭いコートなので、シュートを撃っていこうと強く意識していたのがゴールにつながりました。昨シーズンからいるメンバーと新戦力といますが、やることは変わらず、継続してやれています。人数も増えて、いい雰囲気で開幕の準備ができていますし、新入団選手はいい刺激となり、チーム内の競争も激しくなっています」

碓井孝一郎キャプテン(LIGARE TOKYO)「うちはピヴォチャンでいい結果をこれまで残せていないので、決勝トーナメントはどこが相手でも、1戦1戦頑張って戦って、自分たちの、西野さんのフットサルを貫けるように頑張ります。今日(予選)はチームは合宿を週末にやり、体が重い中、24分×3セットのトレーニングととらえたイメージで戦いました。重い中、集中切らさずにプレスをかけれて、球際もいけましたし、結果もついてきたのでその点で満足しています」と。

 

2015/2016シーズン・LIGARE TOKYOは関東フットサル1部リーグ、地域チャンピオンズリーグ、全日本フットサル選手権と結果・経験を積み上げた。
5/5のF-CHANNEL Pivo! Champions’s Cup 2016 の決勝トーナメントにおいても優勝候補の一角として考えられる。このチームを苦しめるチームの台頭があるか目が離せない。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ