『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

[ピヴォチャン2016全国大会予選リーグ]Eグループは富山のソフトマウンテンが得失点差1で決勝トーナメントへ進出!(2016/5/7)


安定したプレイでチームを鼓舞するソフトマウンテン代表の背番号3・長谷川豊選手。精神的支柱だ。

 

■大会名:『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! F-CHANNEL Pivo! Champions’s Cup 2016 』全国大会予選リーグEグループ
■開催日:2016年5月4日(水・祝)
■会場:フットサルステージ http://www.futsal-stage.com/
■特別協賛:F-CHANNEL http://f-channel.net/web/futsal.html
■協賛:株式会社ユーロプラスインターナショナル / 株式会社ロンヨンジャパン / ラブイエロー / アレグレ
■主催:デジタルピヴォ! http://www.pivo.co.jp/
■大会HP:http://f-channel.net/pivo2016/index.html

 

■大会結果

 


FCmm(シードチーム)。

2015年関東フットサルリーグ1部では6位。田中奨選手は得点ランキング7位・12得点を記録。
田中選手はちょうど1年前「F-CHANNEL Pivo! Champions Cup 2015」で試合中に相手選手のシュートを受けて、心肺停止状態になった。チームトレーナーである青山友紀さんが中心となり、チーム関係者・施設スタッフの迅速な対応により、一命を取り留めた。

 

BoAviento morioka(岩手・滝沢総合体育館)。

BoAviento moriokaは岩手予選2連覇での出場。来季は東北フットサルリーグ2部北への昇格が決まっている。
チームの意気込みは「全国大会でもそれに恥じないプレーをしてきたいと思います。まずは全国大会の予選グループ突破を目標に頑張ります!」であった。

 


ソフトマウンテン(石川・フットサルショップVIDA)。

4/3にピヴォチャン初の北信越予選が金沢唯一のフットサル専門セレクトショップVIDAの運営にて開催された。
予選大会は北信越リーグ、県リーグを含む12チームによる戦い。決勝はトロブラボ富山対ソフトマウンテンの富山対決となった。同点で迎えた1本目からサドンデスのPK戦の結果、ソフトマウンテンに軍配があがった。

 


Sterke Wind(主催者推薦・FutsalStyle覇者)。

フットサルステージ多摩にて行われたFutsalStyle多摩リーグでの覇者である。第4節終了時まではSterke Windが首位独走となっていた。その後、優勝争いは大混戦となったが、自力の勝利により、最終的に初優勝を達成した。

F-CHANNEL Pivo! Champions’s Cup 2016 全国大会予選リーグEグループはソフトマウンテンとFCmmが勝ち点が並び、直接対決でも同点というデッドヒートの中、得失点差わずか1の差でソフトマウンテンが決勝トーナメント進出を果たした。13得点という爆発的な得点力が最後チームを救ったのだろうか。
今大会が北信越フットサルリーグの歴史を変える第1歩であるとうれしい限りだ。今後地域リーグの勢力図式が大きく変革することがフットサルを盛り上げることにつながる。北信越には大きな伸びしろを感じる瞬間であった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤学

 


FCmm田中選手「2試合目、僕のミスで1-1と追いつかれてしまったのにすべてがあると思います。リスクをおかすべきではなかった。ワンデイ大会の特徴を意識してセーフティーにプレイしておけばよかったと後悔の気持ちもあります」と1点の重みを感じたのと同時に、「今後の成長のために、関東リーグや選手権に生かします。このワンプレイで成長できたので前向きに捉えます」と気持ちを整理する。

 


ソフトマウンテン16番・逢沢健太選手は26歳。アジリティ、チームNO.1

 

ソフトマウンテン代表の背番号3・長谷川豊選手のコメントは以下。
「メンバーがそろっていました。関東リーグのチームにもそれなりにいい勝負ができてよかったです。うちのチームは攻守の切り替えが肝ですが、そこがしっかり出せたところが決勝トーナメント進出の決め手です。チームの特徴はPIVOの9番の島(和也)という強い選手がいて、島を主体にしたセットと若手がそろったセット(細かいパスをつなぎながら崩す)という2つのセットでやっています。また、去年の北信越リーグの得点王の5番の蓬沢(和也)選手も今年からチームに加入しました。2人が得点の要のチームです」

逢沢和也選手:前所属はトロブラボ富山で21得点で北信越フットサルリーグ得点王となる。シュート数は87本で24%という決定率を誇る。

島和也選手:19得点で北信越フットサルリーグ・得点ランキングは2位。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ