『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

[第22回全日本フットサル選手権大会]フウガドールすみだ・須賀雄大監督「後呂くんだったりそういう選手(元Fリーガー)がいることで相手がサテライトではないという意識ができたと思います」(2017/3/12)

 

第22回全日本フットサル選手権大会1次ラウンド(大阪会場・グループD)
フウガドールすみだ(Fリーグ・東京都) 3-0 ぺスカドーラ町田アスピランチ(関東地域第1代表・東京都)
2017年3月11日(土) 岸和田市総合体育館(大阪府) 観客数:250人
[得点経過]
1-0 2分 すみだ 6 宮崎曉
2-0 5分 すみだ 11 清水和也
3-0 25分 すみだ 14 西谷良介

 

1次ラウンドグループDのチームはフウガドールすみだ(以下すみだ)をはじめ、ヴィンセドール白山(北信越地域代表/石川県)、ペスカドーラ町田アスピランチ(関東地域第1代表/東京都)、エスポラーダ北海道(Fリーグ/北海道)の3チーム。

「肯定感を持って、すべてをポジティブにとらえて前だけを見て進んでいける。そういう雰囲気のときに僕らはタイトル争いをしていたと思う」(リーグ最終節、須賀監督の発言)。
初戦はすみだ 6-2 ヴィンセドール白山(得点者:西谷3・太見・諸江2)
「太見選手と喜びを分かち合う」ために3月12日すみだは今シーズンリーグでは3戦3勝したエスポラーダ北海道を倒して、代々木の決勝トーナメント進出を目指す。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

以下は須賀雄大監督個別インタビュー。

Pivo!:今日の試合を振り返ってください。

須賀:相手はスカウティングどおりのいいチームだったなという印象を持っています。やはり独特なレギュレーションで、北海道が2勝している中で、僕たちは3点差以上必要という状況だったので失点をしないというミッションをかしてやっていたのでリーグ戦で見せていたようなアグレッシブさが少し出しづらかったかなと思います。自分が望むようなスコアで締めくくれた選手をたたえたいなと思います。

Pivo!:プレーオフで2敗しました。立て直すのは簡単ではないとは思っていましたが、今日見た限りではきちんと切り替えができているなと感じました。

須賀:そうですね。プレーオフは非常に悔しい結果となりましたが、その悔しい結果をぶつける場所が僕らにはあります。シーズンが終わらないで、またこういうすばらしい大会があることがポジティブに働いていると思うので、そういう意味ですごく難しい精神状態だったと思いますが、むしろパワーアップしたフットサルができているのではないかなと思うので明日はすごく楽しみです。

Pivo!:地域の怖さはよく知っていると思います。警戒した部分とチームマネジメントをするうえで気をつけたこととしては?

須賀:この大会で地域とかFリーグとか位置づけをする必要はないと思っています。日本のフットサルも本当にレベルが上がってきていて、Fリーグだから特別な経験があって、Fリーグでないとそうではないということではもうないのかなと思っています。ほとんどのチームがライセンス所持者が監督になる時代ですし、そういう意味では戦っている戦場が違うだけで持っている知識は変わらないと思っているので、怖さというよりは1つの強いチームと対戦するという気持ちで臨みました。

Pivo!:結果的には落ち着いてゲーム運びができたこととスコア含めて差が出ました。勝敗はどこで分けましたか?

須賀:決定的な差ではないですが、ゼロで抑えられた経験値というのはゼロに近い数字で抑えないといけない意識の元、できているのはすごく意味のあることだと思います。例えばですが、町田の組織的で勤勉な動きをするクアトロに対してしっかりとマーキングをついていって、ボールに対してしっかりアプローチすることを40分間やり切るということが必要でした。そういう意味ではそこの部分でやり切れたということがゼロ失点につながったのかなと思います。3得点というのは自分たちに必要な得点数だったのでもちろん狙っていました。セットプレーとシステムアタックと望む形で点が獲れているのでそういう意味ではチームの地力として持っていると思いました。相手との差というよりは自分たちがストロングを持っていて、それで勝てたという印象を持っています。

(残り 946文字/全文: 2606文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ