『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

【ピヴォチャン2017】愛知フットサルクラブ予選は『PRIDE/futsal arena』が優勝! (2017/3/13)

優勝し初の全国大会出場を決めたPRIDE/futsal arena.JPG。優勝の表彰状のほかに大会ロゴ入りDUELOオリジナルTシャツ10枚、さらに全国大会出場援助金50,000円を獲得した。

 

準優勝_TOKISAI。全国へ向けてぜひもう一度トライしてほしい。

 

第3位_FC東邦。個が強く運動量が豊富なチームだ。

 

決勝はPRIDE対日系人チームTOKISAI

昨年コートの人工芝をすべて張り替え、リニューアルした愛知フットサルクラブで3月12日、2年ぶりとなる「ピヴォチャン」を開催した。前回は大雨の中での戦いだったが、今会は晴天! 冬の寒さも感じないほどのベストコンディションでの大会となった。

予選1試合目から登場した、ブラジル人を多数擁する【TOKISAI】。飛び交うポルトガル語に、まるでここが日本ではないような雰囲気の中、高い実力を見せつけた。一方で、全体的にロースコアの展開が多い中、東海2部リーグに所属している【PRIDE/futsal arena】がこの日、最大となる4点差をつけて勝ち点を重ねた。そして、この2チームが決勝戦に駒を進めることとなった。

 

▪️3位決定戦風景。

 

 

 

 

予選リーグの結果から3位決定戦に挑んだのはパス回しを得意とする【C-Plus】と、個が強く運動量が豊富な【FC東邦】。【C-Plus】が先制するも、すぐさま同点に追いつくという、非常に盛り上がる試合展開。勝敗はPKにより決定。【FC東邦】が見事3位となった。

 

▪️決勝戦風景。

 

 

 

 

 

 

決勝戦は非常に白熱したゲーム展開。先制したのは【PRIDE/futsal arena】。混戦の中、こぼれ球を押し込みゴール! ところが粘る【TOKISAI】が前半終了間際に同点ゴールを決め、勝負は後半に持ち越しとなった。球際が激しくファウルの数もやや多い展開の中、【PRIDE/futsal arena】が得たFKを直接ゴールに突き刺し、逆転に成功。試合はそのまま2-1で終了。【PRIDE/futsal arena】初優勝で幕を閉じた。

 


▪️大会MVP 今貴史選手【PRIDE/futsal arena】の受賞コメント。
「嫁さんと子供のために、頑張れました!!」

▪️渡邊淳史【PRIDE/futsal arena】代表の優勝コメント。
「初めての全国大会です。代表の名に恥じぬよう頑張ります!」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ