『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

無料記事[第22回全日本フットサル選手権大会 決勝]シュライカー大阪・アルトゥ―ル選手「助けるために来たのだけではなくて、フットサルがもっともっと発展して、プロチームが増えて、強いチームが増えていくということも自分たちの役割だと思っています」(2017/3/21)

 

第22回全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンド 決勝
フウガドールすみだ(Fリーグ・東京都) 2-7 シュライカー大阪(Fリーグ・大阪府)
2017年3月20日(月) 国立代々木競技場第一体育館(東京都) 観客数:3,228人
[得点経過]
1-0 2分 すみだ 14 西谷良介
2-0 3分 すみだ 6 宮崎暁
2-1 4分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-2 10分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-3 17分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-4 23分 大阪 11 チアゴ
2-5 30分 大阪 11 チアゴ
2-6 38分 大阪 5  アルトゥ―ル
2-7 40分 大阪 11 チアゴ

 

 

 

大会MVPのアルトゥ―ル選手は決勝で4得点の活躍で攻守共に文句なしのMVP受賞であった。記者会見でアルトゥール選手は自分がシュライカー大阪に来た理由を語った。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

以下は大会優勝・シュライカー大阪・大会MVPアルトゥ―ル選手記者会見と質疑応答。

通訳:木暮賢一郎監督

決勝戦を振り返って

「もちろんうれしく思っています。自分はシュライカー大阪を助けるために、歴史を変えるために、リーグタイトルを取るために、そういう思いでブラジルからやってきましたので目標が達成できてうれしく思っています。ただ、助けるために来たということだけではなくて、フットサルというものがもっともっと発展して、プロチームが増えて、強いチームが増えていくということも自分たちの役割だと思っています。今日のように本当に多くのお客さんが来て、フットサルというスポーツを観て、さらに発展していくということが重要というか、さらに必要だと思っています」

Pivo!:2つのタイトルを取れたことに対して今の気持ち。

アルトゥ―ル:2つのタイトルを取れたということはパーフェクトなシーズンだったと思います。それには厳しいトレーニングを積んできたからこそだと思っています。今日のゲームに関しても立ち上がりというのは0-2になって厳しい状況ではありましたけども、1年を通して自分たちがやってきたものを継続してできたからこそだと思っています。2つタイトルを取ることができましたが、シュライカーを助けるために、歴史を変えることや発展といいますか、何かを変えるために来たので、来年はまた最初にオーシャンカップがありますし、その後にはAFCの大会もありますので、オフシーズンのスタートからそういう思いでやっていきたいなと思っています。

Q:大会であったり、シーズンを通して手を焼いたピヴォであったり相手はいましたか?

アルトゥ―ル:みんなが知っているように、日本で1番のチームといえば名古屋オーシャンズであると思いますが、名古屋がファイナルにいないというのは、彼らがというよりもフウガドールすみだとペスカドーラ町田はレベルが高いチームということです。選手の質が高く、1対1の技術もあり、いい監督もいて、2つの大会で勝ち上がって来たことに疑う余地がないすばらしいチームです。
個人でいうと森岡薫選手、シンビーニャ選手はすごく難しいですし、今日対戦した清水和也選手は若いですが、すばらしいポテンシャルを持っているなと思います。あとは、昨年までチームメイトだった稲田瑞穂選手と相井忍選手は好きな選手だと思っています。セルジーニョ選手もすばらしいプレーをリーグで見せていたと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ