【サッカーパック人気5位】 泉澤仁は遠藤渓太と左ウイングの座を争う。伊藤槙人は、畠中とチアゴの「J…

デジタルピヴォ! プラス

[ありがとう甲斐修侍]僕自身、ファイルフォックスで、カスカヴェウに勝ったことがないんですよ。だから今日は倒したいなって、ははははは…。(闘魂・難波田治)(2017/5/9)

カスカヴェウの永遠のライバル、ファイルフォックスの中心選手だった難波田治。今は東京都2部リーグ昇格を果たした闘魂でフットサルを存分に楽しんでいる。

 

5月7日に「甲斐修侍引退試合」が行われたことはご存知のとおり。フットサル界をここまで大きく育てることに尽力してきた偉大な存在、甲斐修侍。その甲斐とかかわってきたたくさんの選手や関係者が集まったこの機会に、何人かの人に甲斐との思い出を聞いた。それを[ありがとう甲斐修侍]というタイトルで紹介していくのがこのシリーズで、読み進めていくと甲斐の人柄の一端がうかがえることを狙いとした。シリーズのトップバッターは。甲斐がつくったカスカヴェウの永遠のライバル、ファイルフォックスの元リーダーで現闘魂の難波田治選手。甲斐がペスカドーラ町田の代表としてプロ化を目指す一方、練習をせずに過去の経験だけで若い選手と戦い、都2部昇格を果たした闘魂のリーダー難波田。2人の接点は20年前の山中湖スポーツセンターにさかのぼる。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

僕が20か21のときに山中湖で甲斐さんと遭遇

甲斐さんと最初に会ったのはファイルフォックスができる前後ぐらいですね。

(残り 968文字/全文: 1475文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック