【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

デジタルピヴォ! プラス

[ピヴォチャン2017全国大会予選リーグ]すべての試合に出ることは簡単なことではない。(Black Shorts・冨沢孝輔)(2017/6/26)

 

■大会名:『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! DUELO Pivo! Champion’s Cup 2017』全国大会予選リーグDグループ
■開催日:2017年5月3日(水・祝)
■会場:FFC東川口

■予選リーグDグループ結果


Black Shorts(2016年関東フットサルリーグ第4位)。

 

 

Black Shortsは予選にて昨年と同様にぺスカドーラ町田アスピランチと同じグループに入った。
チームの中心である冨沢孝輔はチームとしても個人として今シーズン、モチベーション高く今シーズンの目標を設定した。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

以下は冨沢孝輔の個別インタビュー。

Pivo!:初戦を振り返って。

冨沢:最初の試合が大事だとわかっていた中、みんなで戦い結果を出すことを目指しましたが、チームの中でまだ出来上がっていなくて、悪くいえば温度差があり、かみ合わなかったかなと思います。

 

Pivo!:昨年もぺスカドーラ町田アスピランチと同じグループに入りました。

冨沢:去年も負けましたが、去年はラッキーでトータル(得失点差)で勝ち上がりました。

Pivo!:そういったこともあり、アスピランチは大分意識しました?

冨沢:全日本選手権の関東大会で当たって負けました。意識はしていませんが、お互い新しいチームとはいえ、何回も負けてはいけないなという相手ではありました。カテゴリーとして責任を果たせなくて残念ですし、そこはしっかり反省しないといけません。

Pivo!:冨沢さん個人としては関東リーグという環境でありながらもプロに近い環境でやれていると思います。

冨沢:そこはありがたい形でフットサルに取り組ませてもらっています。その部分でも前半出て1点獲られているので(今回ブラックショーツは前後半でゴレイロを替える方式を取った)、情けないと思わないといけないですし、いい環境に甘んじずにリーグに向けて、しっかりとプレーコンディションを上げていけるようにと思います。かましていきたいと思います(笑)。

(残り 566文字/全文: 1431文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック