【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

デジタルピヴォ! プラス

無料記事[ピヴォチャン2017全国大会予選リーグ]Dグループは出し惜しみはせずにしっかり戦ったぺスカドーラ町田アスピランチが1位通過。(2017/6/26)

 
Dグループの注目はBlack Shortsとペスカドーラ町田アスピランチの試合。昨年同様に同じグループであった。

 

■大会名:『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! DUELO Pivo! Champions’s Cup 2017』全国大会予選リーグDグループ
■開催日:2017年5月3日(水・祝)
■会場:FFC東川口

 

■予選リーグDグループ結果

 

■出場チーム

Black Shorts(2016年関東フットサルリーグ第4位)。

 


ぺスカドーラ町田アスピランチ(東京都フットサルリーグ1部優勝→関東フットサルリーグ2部昇格)。

 


アミグレッソ前橋(FUTSAL POINT デルミオーレ高崎予選代表)。

 


buddy(多摩川球’s倶楽部予選代表)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dグループを1位通過したのはぺスカドーラ町田アスピランチ。昨年の雪辱を果たし、今年はBlack Shortsを昨年同様に倒した上で勝ち点でもほか3チームを圧倒し、3戦3勝で文句なしの通過であった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

Dグループの初戦はBlack Shortsとペスカドーラ町田アスピランチ

Black Shortsは「チームの中でまだ出来上がっていなくて、悪くいえば温度差があり、かみ合わなかった」と冨澤はいった。一方でぺスカドーラ町田アスピランチは「カテゴリーが上なので、僕らとしても初戦ですし、必ず勝とうという話はしていました。関東大会で戦っていて相手の戦い方も知ってはいましたし、出し惜しみはせずにしっかり勝とうという話はしました」と小川監督。互いに初戦が大事であることはわかっていたうえで、明暗はわかれた。

また、群馬県リーグ1部のアミグレッソ前橋は格上であるBlack Shorts相手に引き分けと健闘した。

「チャレンジャーとして、気持ちを入れて1対1で負けないことを意識して臨んだ」ことが功を制した。

去年神奈川県リーグで優勝し、来季は関東2部昇格が決定しているbuddy。今大会はメンバーがそろっていなかったことで残念な結果となった。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック