【サッカーパック人気4位】 【J1第19節分析レポート】川崎フロンターレはなぜFC東京の中央を攻略…

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:今回は相手が上回っていたと思っています[Fリーグ第7節](町田・森岡薫)(2017/7/23)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第7節
湘南ベルマーレ 5-1 ぺスカドーラ町田
2017年7月22日(土) 小田原アリーナ 観客数:1,457人
[得点経過]
1-0 09分53秒 湘南 7 小門勇太
2-0 11分15秒 湘南 10 ロドリゴ
3-0 13分49秒 湘南 オウンゴール
4-0 21分53秒 湘南 8 刈込真人
4-1 33分57秒 町田 5 篠崎隆樹
5-1 34分52秒 湘南 44 本田真琉虎洲

 

ぺスカドーラ町田はこれまで相性のよかった湘南ベルマーレに大敗し、3連敗目を喫した。
試合の結果で状況を変えるしかないという意味で記者会見での言葉は少なく試合を振り返った。
質疑応答でも出たように連敗に失点の多さのみならず、3試合で2得点という攻撃においても決定力の課題も浮き彫りとなった。

以下は岡山孝介監督と森岡薫選手の記者会見。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

岡山孝介監督

試合を振り返って。
「お疲れさまです。負けて残念です。次は勝てるように頑張っていきたいと思います」

森岡薫選手

試合を振り返って。
「今、3連敗中で、早くここから脱出できるようにやっていくだけなので、また今週、よい調整ができるように頑張りたいと思います」

 

以下は質疑応答。

Q:この苦しい状況の中でキャプテンとしてできること、やることはどんなことがありますか?

森岡:やることといったらたくさんあると思いますし、キャプテンとしては気持ちの面でチームを助けること。または自分の立場上、点を獲ってみんなに勢いをつけさせることだと思います。

Q:ディフェンスに関しては後ろの選手がケガでいない中、失点は仕方ないとしても、オフェンスに関してもここ3試合で2点ですが、その結果に関してはどう感じていますか?

岡山:1つはよいディフェンスができればよいチャンスが生まれますので、そういった部分で、改善すべき点はあると思います。あとは、決定機を決められないところはすごくシンプルな課題なので、そういったところを改善できるようなトレーニングをしていきたいと思います。

Pivo!:町田の悪さもありますが、湘南の今シーズンの強さも今日の結果でも現れたと思います。戦ってみて、今シーズンの湘南に対してどういう印象を受けましたか?

岡山:ロドリゴがすごいです。

森岡:湘南はすごく充実していますし、戦ってみて、湘南はうちの選手に体の部分でほとんどが勝っていたと思いますし、そういう部分では1人1人の意識、1人1人のトレーニングが結果につながっていると思います。湘南は今回の試合とこれまでを比べるとレベルが上がり、今は相手が上回っていたと思っています。ただ、あと直接対決は2試合あって、そこで自分たちはどれだけよいコンディションでやれるかというところだけだと思うので、やるだけです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック