今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:府中の決定力はこちらが準備したものであったり、試合の流れをたやすく変えられるものだなと改めて痛感した試合[Fリーグ第8節](すみだ・須賀雄大監督)(2017/7/31)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第8節
フウガドールすみだ 3-3 府中アスレティックFC
2017年7月29日(土) 墨田区総合体育館 観客数:985人
[得点経過]
1-0 09分35秒 すみだ 77 ボラ
2-0 17分27秒 すみだ 11 清水和也
2-1 19分04秒 府中  13 渡邉知晃
3-1 24分52秒 すみだ 77 ボラ
3-2 25分24秒 府中  11 岡山洋介
3-3 26分41秒 府中  7 内田隼太

 

 

 

フウガドールすみだ(以下すみだ)はボラ、清水和也の活躍により、3-1と府中アスレティックFC(以下府中)を突き放したものの、残り5分で府中に追いつかれてしまう。須賀監督は「府中の決定力はこちらが準備したものであったり、試合の流れをたやすく変えられるものだなと改めて痛感した試合」と振り返った。次は名古屋オーシャンズ(以下名古屋)とアグレミーナ浜松(以下浜松)との対戦が待っている。
須賀監督は6節にて「個人的にはこういう2日間ある試合は好きでチームの走力が試されていると思います。例えば、5、6人のいい選手に頼っているチームなのか、それとも、14、5人で常に争っているチームなのかを試されるので」といった。「主力の5、6人ではなくて、チーム全体で戦っているんだという姿勢」そして、結果を残せることができるかどうか。今節で外れた選手の奮起もポイントとなる。上位争いをする中で名古屋にとっても、また上位に食らいつくために浜松にとっても注目の2カードとなりそうだ。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は第8節の須賀雄大監督と諸江剣語選手の記者会見。

 

須賀雄大監督

試合を振り返って。
「お疲れさまでした。ゲームプランを用意していたとおりの試合になったなという印象だったのですが、やはり、府中の決定力はこちらが準備したものであったり、試合の流れをたやすく変えられるものだなと改めて痛感した試合となりました。選手たちがトレーニングから取り組んでそれを試合に出そうとする意欲はすばらしいと思っているので、ここで下を向かずに全員で名古屋戦に向かっていきたいと思っています」

次節に向けての意気込み。
「来週は2試合あるというのが1つのポイントになってくると思います。今回外れているメンバーたちも非常に特徴的でおもしろい選手がいると自負しています。彼らが明日からのトレーニングマッチで奮起して来週メンバーに入って来れるかどうか。そういう大事な1週間になってくると思います。しっかり準備をして勝ちたいと思います」

 

諸江剣語選手

試合を振り返って。
「今週チームとしてやってきたことを出せましたし、全体的には悪くなかったと思いますが、府中の決定力はすばらしいものがあり、少ないチャンスをしっかりゴールに決めてきます。改めて強いチームだなと感じました」

次節に向けての意気込み。
「2連戦。初戦が名古屋ということはもちろんですが、浜松もすごく今調子がいいですし、この2日間でしっかりと勝ち点が取れるようによい準備したいと思います」

 

以下は質疑応答。

Pivo!:クロモト選手への対策について特別何かしたのでしょうか?

須賀:彼の攻撃的な部分では背後へのボールをアグレッシブに狙ってくるのもスカウティングでわかっていました。ただ、彼は出るだけでなく、トラップして味方につないでくるというのもスカウティングして選手には伝えていました。そういう意味ではそういう失点が生まれてしまったのはチームとしてまだ未熟だったなと思います。それ以外に関して、キーパーの細かい癖も伝えているのでどういうゴールが生まれやすいかというイメージはできていますが、それは彼が特別だからではなく毎試合行っているルーティーンだと思っているので。彼が得意不得意なプレーはこちらである程度仮説を立ててトライしています。

Pivo!:府中が残り3分33秒からパワープレーを仕掛けてきた中ですみだは1分43秒にタイムアウトを取りましたが、パワープレーに対してはどういうアプローチをしましたか?

須賀:パワープレーに関しては相手もおそらくアグレッシブに来たというよりはクロモト選手のケガをかなりかんがみてのパワープレーだと思っているので、そこに対してボールを奪いに行くプレーはなかなかしづらかったなとは思っています。ただ、そこに対して守備のラインが下がり過ぎてしまったところがあったので、選手を交代してより1個アグレッシブな立ち位置を取って、ある程度受け身に回ってしまうのは仕方がないですが、その中でチャンスがあればボールを奪いに行くというイメージを共有しました。それ以外でもある程度攻撃でも主導権を握れていたと思うのでパワープレーの修正だけではなく、5ファウルもたまっていたので自分たちの攻撃をしっかりとしていくという確認の意味もあったタイムアウトでした。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック