『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:すべての部分で相手を上回る状況を試合の中でつくることができなかった結果(ペドロ コスタ監督・名古屋)[Fリーグ第15節](2017/9/12)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第15節
府中アスレティックFC 4-3 名古屋オーシャンズ
2017年9月9日(土) 墨田区総合体育館 観客数:964人
[得点経過]
1-0 11分04秒 府中 6 関尚登
1-1 12分57秒 名古屋 11 ルイジーニョ
2-1 25分51秒 府中 21 柴田祐輔
3-1 35分02秒 府中 13 渡邉知晃
4-1 36分22秒 府中 5 皆本晃
4-2 39分22秒 名古屋 13 ラファ
4-3 40分00秒 名古屋 11 ルイジーニョ

 

名古屋オーシャンズは今節で今シーズン2回目の黒星を喫した。
ペドロ コスタ監督は現在のチームの状況を冷静に語った。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下はペドロ コスタ監督の記者会見。

ペドロ コスタ監督

試合を振り返って。
「まず初めに私たち府中の気持ちを上回ることができなかったです。府中は組織的に戦ってきて、しっかりと準備をして来たなという中で、わたしたちは、すべての部分で相手を上回る状況を試合の中でつくることができなかった結果だと思いますし、この試合の結果には満足していませんし、正直悔しく思っています。修正しなくてはいけない点は多くあった試合だったのかなと思います。ここでわたしたちがより感じたものとしては、名古屋オーシャンズのユニフォームを着ただけでは試合に勝てないということ。試合の準備だけでなく、気持ちの面もすべて含めて相手と同じか、上回ってゲームに入らなくてはいけないです。40分間の試合にフォーカスして、集中ができていたかというと今日の試合はできていなかったと思います」

 

以下は質疑応答。

Pivo!:府中アスレティックFCに対して苦戦することが多いですが、府中に対して苦手意識はありますか?

コスタ:特に苦手意識はありません。わたしが日本に来たときから府中は常に危機感を持って戦わないといけないチームだと思っていますし、いいチームだと思っています。常に難しいゲーム、タフなゲームになるのは彼らのクオリティーを見て思っていますので彼らと戦うときはいつも決勝戦を戦うような気持ちで臨まないといけない対戦相手だと思っています。

Pivo!:名古屋ホームにてペスカドーラ町田に敗戦し、今シーズン初めての黒星を喫しました。1回負けたことでチームの波に少なからず影響はありましたか?

コスタ:波があるというか、そこからチームが落ちてきたとは感じていません。オーシャンズのアリーナでの名古屋ラウンドでの大阪戦・浦安戦の2連戦は平均以上のパフォーマンスが出せた2試合だったと思います。ある意味、順位をみてしまって、選手の気持ち・モチベーションの問題もあったと思います。試合によって入り方が違うので、そこの差がないチームにしていかないとと思いますし、チームの意識を全体で変えないといけないとは思いますが、特に今不安定だとは思ってはいません。ただ、今日は何もうまくいかなかったので切り替えないといけないと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ