デジタルピヴォ! プラス

「色々なピースがはまりこういう結果になっているのはうれしいです」(加藤未渚実・大阪)[Fリーグ第33節](2018/1/13)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第33節
シュライカー大阪 5-3 アグレミーナ浜松
2018年1月8日(月・祝) 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 観客数:742人
[得点経過]
1-0 05分22秒 大阪 26 加藤未渚実
2-0 12分07秒 大阪 23 芝野創太
3-0 20分55秒 大阪 20 堀米将太
4-0 24分09秒 大阪 22 佐藤亮
4-1 26分39秒 浜松 18 小池良平
4-2 28分28秒 浜松 11 中村友亮
5-2 30分06秒 大阪 11 チアゴ
5-3 34分47秒 浜松 8 松本行令

 

 

 

 

以下は第33節シュライカー大阪の加藤未渚実選手囲みインタビューとなる。

 

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

Pivo!:復帰戦のときに、まだパフォーマンスが上がらず、プレーの制限をしていましたが、ダブルタッチもありましたし、ゴールも決めはじめていて、加藤さんらしさは出はじめています。まだ制限はありますか?

加藤:まだありますけど、少しは外れました。まだやめているプレーはあります。

Pivo!:それは?

加藤:内緒です(笑)。今後出すかもしれないし、今後封印するかもしれません。危険なプレーってことで。

Qシュートレンジは遠くなりましたが、2試合で2ゴールともにミドルレンジでした。手応えはありますか?

加藤:そうですね。軸足が支えれていないと打てないのでああいうシュートが打てるようになって「ホッ」としている部分はあります。

Pivo!:一昨日も大分スピードが速かったですね。

加藤:そうですね。ただ、体重、軸がずれているかなと思いましたが、枠にいいコースにいってよかったです。

Pivo!:コースだけでなくスピードも相当なものでした。

加藤:軸足が支えれるようになった分かなと。やはり、スピードに乗ると軸はブレてしまうので。軸足がしっかり支えて、力を伝えていないと速いシュートは打てないので。いい調子ではあるかなと。

Qシュートはヴィニシウスを参考にする部分はありますか?

加藤:あのプレーはできないです。でも、みる部分、タイミングはヴィニシウス、チアゴ、アルトゥ―ルから教えてもらっています。狙うコースは言われるので意識しています。

Qプレーオフ、自分自身出たかったですね?

加藤:ほんとうに。チームの調子も上がり切らないところはあったので。色々なピースがはまりこういう結果になっているのはうれしいですし、元々出ている選手も出ていての結果はプラスなのでもう1週間練習できるので合わせるところ合わせていきたいです。

(残り 1409文字/全文: 2471文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ