デジタルピヴォ! プラス

「今年の戦いでここにいられることが奇跡と言いますか・・・」(佐藤亮・大阪)[Fリーグ第33節](2018/1/13)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第33節
シュライカー大阪 5-3 アグレミーナ浜松
2018年1月8日(月・祝) 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 観客数:742人
[得点経過]
1-0 05分22秒 大阪 26 加藤未渚実
2-0 12分07秒 大阪 23 芝野創太
3-0 20分55秒 大阪 20 堀米将太
4-0 24分09秒 大阪 22 佐藤亮
4-1 26分39秒 浜松 18 小池良平
4-2 28分28秒 浜松 11 中村友亮
5-2 30分06秒 大阪 11 チアゴ
5-3 34分47秒 浜松 8 松本行令

 

 

 

 

 

 

 

以下は第33節シュライカー大阪の佐藤亮選手囲みインタビューとなる。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

Q:なんとかプレーオフがほぼ決まりそうです。ドキドキしましたか。駒沢セントラル。

佐藤:ドキドキというか、うちは2つ勝って、府中の結果待ちでしたので昨日(初日)は意識することもなく、とにかく勝つことに集中できました。今日に関しては残り何分かで追い上げられて、多少なりともプレッシャーを感じた選手もいたと思いますが、シュライカーは経験のあるクラブなので、うまく最後乗り切れたかなと思いますが、今年の戦いでここにいられることが奇跡と言いますか、周りの結果も左右したとはいえ、結果は出たので、今年の悪かったところはうまく忘れて、プレーオフは別の大会という意識を持ってのぞみます。

Q:昨シーズンは優勝しましたが、クラブ選手権もあり、難しいシーズンとなりました。どのへんが悪くて苦しみましたか?

佐藤:1つはケガ人と、タイミング悪く全員がそらわなかったところと、あとはクラブとしてはAFCが大きくて、大きな目標に向かったなかで結果が出なくて、それをうまく立て直せなかったというのはあります。クラブとしてもはじめての経験だったので。これからそういう点でも強くなっていかないといけないですし、アジアでも勝てるようになっていかないとと思います。結果を残して来た名古屋にある強さを感じました。

Qクラブ選手権があったことで難しかったのは精神的なところ。体力的なところですか?

佐藤:体力的には問題なかったと思います。そこよりもピークをあそこに持っていくというところです。少なからずそういうのはあるのかなと。僕自身はありました。そこで優勝していればいい流れをリーグに持ち込めたと思いますし、目標には届かずに負けてしまったということで。もちろんいい経験にはなりましたが、そこをうまく立て直せなかったなと。

Qセントラル2試合は色々な選手が点をとってて、いい状態に来ているように見えました。

佐藤:ようやくメンバーが揃ったというのもありますし、毎年、木暮監督のスタイルは終盤にピークを持って来るという形なので。就任1年目も5位から上がり、名古屋とファイナルでいい勝負ができました。先ほども言ったようにプレーオフは別の大会という意識があるので、大阪が経験して来たものが出せればまだ優勝のチャンスはあると思うので

Q佐藤さん自身のゴールも増えて来ました。狙っているのですか?

Pivo!:リーグ終盤で大分とってきていますね。

 

 

(残り 899文字/全文: 2230文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ