サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:「初戦から借りを返すチャンスがあったことはすごくモチベーションが高まりました」(岡山孝介監督・町田)[Fリーグプレーオフ1回戦](2018/1/14)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ1回戦
リーグ2位 ペスカドーラ町田 3-2 同5位 シュライカー大阪
2018年1月13日(土) 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 観客数:900人
[得点経過]
1-0  09分31秒 町田 22 ダニエル サカイ 第2PK
1-1  10分52秒 大阪 14 相井忍
1-2  23分07秒 大阪 26 加藤未渚実
2-2  31分58秒 町田 11 室田祐希
3-2  40分00秒 町田 10 中井健介

 

 

 

 

 

 

以下はプレーオフ1回戦・ペスカドーラ町田の岡山孝介監督森岡薫選手の記者会見と質疑応答となる。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

試合を振り返って。

 

 

岡山孝介監督
「非常に苦しい試合でしたが、最初からそれは想定していたとおりですし、失点しても慌てないでプレーできていたので、ほんとうに1年の積み上げを感じた試合でした。ただ、明日もすぐに試合があるのでしっかり切り替えて明日もよい試合ができるようにがんばります」

 

 

森岡薫選手
「厳しい試合になるのはわかっていましたし、色々な年末の調整という難しいなかでここまで仕上がったことが今日の勝利につながったと思っています。ただ、これで何かが決まったわけではないので。また明日も厳しい試合になると思いますので、しっかり切り替えて明日に臨みたいと思います」

以下は質疑応答となる。

Pivo!:今日の対戦相手である大阪は昨シーズンのプレーオフファイナルの相手で、今日雪辱を果たす形となりました。その想いと、また、今シーズン、大阪は昨シーズンと大分また変わっていたと思いますが、2シーズンでのデータや対戦経験のなかでどこを警戒しつつ戦いましたか?

岡山:昨シーズンのファイナルはほんとうに悔しい想いをしました。町田のほうがよい試合ができた実感はあったので、そのなかで勝てなかったのはすごい悔しかったし、その想いはみんな持っていたと思います。そういうなかで初戦から借りを返すチャンスがあったことはすごくモチベーションが高まりました。大阪はヴィニシウスが帰化して、アルトゥ―ルとチアゴとピッチに立つと脅威は増していました。それは前の試合を観ても感じていたのでそこは1番警戒していた部分でした。何度かやられそうなシーンはありましたが、選手たちは身体張って、集中して、試合前に決めていた約束事を忠実に守って、よい守備をしてくれたのではないかなと思っています。

森岡:同じです。全部言われました(笑)。

Q:最近の試合を観ていてもダニエル選手が非常にシュート意識が高いなと感じています。ミドルレンジからも決めていましたし、何か狙いはありましたか?

岡山:今日の試合に関しては(森岡)薫にマークが集中していたのでシンプルにはたいて、ほかから、外から打って行こうという意識はあり、それは1つのやり方だったので、うまく散らしたり、薫も反転してくれたりしたので、そこはうまく使い分けてプレーしてくれたと思います。でも、ダニエルは普段からもやはり遠目からのシュートは武器で何点もこれまでに獲っているし、特にだからと言って急に打ちはじめたわけではないですが、そういう展開だったと思います。

Q:1点リードされたところで苦しい時間帯でした。点を獲ったあとも何度か大阪に決定機がありました。苦しい時間でのコンセプトとしては?

岡山:やり方自体は普段とそこまで変わらないです。1番よくないのは慌ててしまう。焦ってプレーをしてしまう。そうするとプレーの精度が落ちてしまいます。ただ、そういうことはなかったです。いつも通りに攻めて、いままでも近いところではセントラルで府中に追いついて、仙台も最後に逆転しました。早く獲らないといけないということではないし、最後に獲っても1点は1点です。これまでの積み重ねでいままでもそういう経験はシーズンを通してたくさんして来ました。2人退場出しても湘南に追いついたり、すみだに追いつかれて追いつかれてそれでも最後勝ち切ったりとか。やはり自信みたいなものが選手のなかにあると思うし、時間もあったので慌てることはなかったです。たっだ、それまでは時間を使うために後ろのパス回しの時間が長かったのをそういう時間を減らして前に行ったというのはありますけど、それ以外に関しては落ち着いていつも通りのことをやろうというところだったので、そこでちょっとギアを上げたくらいですね。

Pivo!:2点目のゴールはシュートか落とす(ヒール)かギリギリまで迷ったなかでの判断のように見えましたが、そのシーンを振り返ってください。

森岡:自分で反転して打とうとも思いましたが、キーパーと近かったのとそこで室田が走って来るのが見えたので落とすだけでした。

 

 

 

 

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題