デジタルピヴォ! プラス

東京都1部のバッファローズが全国へ(2018/2/16)

笑顔あふれるバッファローズキャプテンNo.20清水誠也。

 

準決勝を敗退した2チーム。
全国への出場枠、最後のひと枠をかけての関東大会最後の試合が3位決定戦。
フウガドールすみだバッファローズ対バルドラール浦安セグンド。
共にFリーグの下部組織で、地域的には墨田と浦安のご近所対決。

まとめ◆デジタルピヴォ! なか

 

バルドラール浦安セグンド(千葉県1位)。

 

フウガドールすみだバッファローズ(東京都1位)。

 

寒い体育館の中で熱い戦いの火ぶたが切られる。

 

先制点の口火を切ったのは、前半5分20秒、バッファローズキャプテン2年目の清水。
いわずと知れたフウガドールすみだのNo.11清水和也の兄である。
兄弟で同じピヴォというポジションでプレーをしている。
キャプテン自らのゴールで全国への執念を見せつける。

 

先制点はキャプテン自らが決める!

 

同点に追いつきたい浦安セグンドと、更に1点を追加して試合を優位に進めたいバッファローズ。
ちなみに先週サポーター席にいたフウガドールすみだの監督、コーチ、選手たちの応援団はいない。
監督とコーチは金沢の諸江家で雪と戯れている模様。※諸江家訪問は毎年の恒例行事
https://twitter.com/kengo4/status/957517653110816768

 

関東大会第1回戦のデルミリオーレ/クラウド群馬戦をハットトリックで勝利を決めたNo.30岡大地がドリブルで上がる横を浦安セグンドNo.29三島光太郎がしっかりつき、後ろをFリーグプレーオフ1stラウンド湘南戦でブザービート男のNo.36中田秀人もついて上がる。
ペナルティエリア前でゴレイロNo.23福重勝徳を前にした瞬間、ボールは岡の足を離れ、後ろから走り込んできた中田が左足で射貫く。
前半15分40秒、中田が追加点の2-0。

 

好調岡が前線にボールを運ぶ。

 

ゴレイロを前にボールは後方の中田に。

 

中田のシュートとなり、ボールの行方は・・・。

 

Fリーグプレーオフ初戦でブザービート同点弾。

(残り 1308文字/全文: 2206文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ