サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

貪欲なアグレッシブさがカギとなるか?バッファローズ・廣戸大志の可能性は無限、時間は有限(全日本選手権)【佐藤コラム】(2018/3/13)

2018年3月9日、駒沢
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

お兄ちゃんこと清水誠也がアウト、背番号25が入ってくる。大きい選手が入ってきたなと思い、メンバー表を確認。174cm……ウソだろ? ピッチの上から観た廣戸大志は、度入りの我がメガネには180cmに見えた。

フウガドールすみだバッファローズ。その名の通り、Fリーグ・フウガドールすみだと関係を持つ。いわゆるサテライト系であり、未来のすみだを担うものが揃う。そんな彼らが、唯一のF以外のチームとして、駒沢にいた。だが、実力はFクラスであることをエコパアリーナで証明している。1次ラウンドで、バサジィ大分、アグレミーナ浜松と続けて2つのFクラブを撃破した実績は、紛れもない事実。第23回全日本フットサル選手権大会、準々決勝最大の注目の的は、バルドラール浦安と戦っていた。

(残り 871文字/全文: 1229文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題