デジタルピヴォ! プラス

西谷良介が名古屋にもたらしたものは?若手を導き若手と争う者(全日本選手権)【佐藤コラム】(2018/3/13)

2018年3月11日、駒沢
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

日本人の心に刻まれた日付、3月11日。全日本フットサル選手権決勝では、名古屋オーシャンズに在籍する西谷良介が長い時間ベンチに座っていた。左足のソックスを下げていた。前半に、突然アキレス腱の上の部分が悲鳴を上げた。「今までなったことないやつ」と感じた西谷は、軽くステップを踏みピッチから出ることを決意した。

だが、ロッカールームではなく、ベンチに居座る判断をする。彼の後方には同じく足を痛めた、ラファが車いすに座り悔しそうな表情で同じ判断をしていた。ここから、西谷の力が発揮される。シュライカー大阪を西谷の念が襲う。

(残り 1181文字/全文: 1466文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ