デジタルピヴォ! プラス

[東京都女子1部]妊活のため5月で退団します(La puerta・望月梨沙)(2018/5/15)

 

第16回東京都フットサル女子1部リーグ 2018 第1節
TOCAR jugadoras 新宿 0-2 La puerta junto ladies
2018年4月30日(月・祝) 小金井市総合体育館
[得点経過]
1-0 2分 La puerta junto ladies 5 白石彩佳
2-0 29分 La puerta junto ladies 14 野口理南

 

初昇格チームが優勝候補を破る番狂わせ

女子チームならではのエピソードを紹介しよう。
まずリーグ状況。TapaZidaと府中アスレティックFCプリメイラの2強が関東リーグに昇格したことで東京都女子1部リーグはどこが勝ってもおかしくない戦国時代を迎えている。中でも前述の2強に続く位置にいたTOCAR jugadoras 新宿は優勝候補の筆頭といっていい。迎えた開幕節。そのTOCARが完封負けした。破ったのは都1初昇格のLa puerta junto ladies。監督は、知る人ぞ知る元日本代表選手、稲田祐介。彼のことは次の機会に改めて紹介するが、驚いたのはこのチームに、あのZOTT早稲田(関東リーグ1部)のクリニックコーチを務めていた女性がいたことだ。TOCARのピヴォと1対1の勝負でゴールを許さなかったフィクソの望月(旧姓宮﨑)梨沙選手に試合後、話を聞いたところ、“妊活で退団”という男の僕にとって意外な発言が彼女の口から飛び出した。記事にしていいものか迷ったが、「女性ならではの引退理由なので、いろんな方に考えるきっかけになってくれたらうれしいです」という彼女の言葉に勇気づけられて掲載を決めた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

5/19にLa puertaクリニック開催

Pivo! 久しぶり! 最近はZOTTで指導をしてないよね。

望月 ZOTT、3月末で引退したんですよ。

Pivo! La puertaのプレーに専念するために?

望月 いえ、ここも5月末が最後で。妊活に入るんですよ。

Pivo! えっ!?

望月 結婚したんで。

Pivo! ほんとに!? おめでとうございます!!

望月 ありがとうございます! なんで、競技も指導も1回お休みするんです。あ、もしよかったら、5月19日にクリニックやるんで来てくれませんか? チームのクリニックなんです。普段は“La puertaの女子と一緒にうまくなろう!”というのがコンセプトで、担当を受け持った人がメニュー等を考えるんですね。でも今回はわたしが最初で最後のクリニック担当ということもあり、完全に任せてくれるんで、ZOTTのときのクリニックに近いです。5月末で指導・選手ともに活動を休止するので是非よろしくお願いします!!

<<La puertaクリニックは、キャプテン翼スタジアム東京北(王子)で5月19日(土)20時~22時、参加費2,000円。テーマは『イメージの共有』。まだ少し空きがあると聞いています。是非参加してください! by デジタルピヴォ!編集室>>

 

相手ピヴォとの1対1で完封した一連のシーン。

(残り 1886文字/全文: 3130文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ