デジタルピヴォ! プラス

[東京都1部]守備が弱いけど、ガンガン攻めて失点を得点で上回りたい!(F.C.NORTE ♯7 原田康仁)(2018/5/22)

 

F.C.NORTE。

 

美少年倶楽部。

 

F.C.NORTEは♯13キャプテン浜田が先制ゴール。

 

SuperSports XEBIO 東京都フットサルリーグ2018 1部 第3節
美少年倶楽部 4-1 F.C.NORTE
2018年5月5日(土) 武蔵村山市総合体育館
[得点経過]
0-1 9分 F.C.NORTE 13 浜田亮太
1-1 14分 美少年倶楽部 4 土橋真宗
2-1 23分 美少年倶楽部 13 沼尾勝重
3-1 27分 美少年倶楽部 8 吉田恵一
4-1 35分 美少年倶楽部 11 井古田晃

 

この敗戦で1分け2敗で10位

「このあいだはありがとうございました!」
試合開始を前に恒例のチーム集合写真撮影をベンチ前で終えた直後のことだ。F.C.NORTEの♯7の選手が僕にそう声をかけてくれて、そして、こう続けた。「おとといの大会で試合をしたものです」。おとといといえば北区・滝野川体育館、大会、イケメン、うまい、やられた、都1…あ、そっか、あのときの! ようやく事態を把握した僕の第一声はいまだにチンチンにされたことへの恨みがこもっていた。「キミみたいにうまい選手がああいう大会に出ちゃいけないんだよ!」。
ま、試合前にそんな一幕があって、その縁で彼が都1の舞台でどんなプレーをするのか見せてもらおうという個人的なテーマができた。それはそれで悪くない。
試合が始まるとF.C.NORTEはとことん攻撃的だった。残念なことにディフェンスに問題をかかえていて、この試合が終わって1分け2敗で10位。でも試合では失点してもめげずに得意のピヴォを使った攻撃の手を緩めず攻め続けた。そのスタイルにほだされて、僕は、先ほど声をかけてくれた原田康仁選手に試合後のインタビューを依頼した。

写真◆デジタルピヴォ! なか、山下
まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

守備時、原田はフィクソとして相手のピヴォと戦う。

 


 

攻撃時には右アラ。全く違う二面性を持つ。

(残り 2256文字/全文: 3079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ