『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

Fリーグ選抜とsfidaブランドでのサプライヤー・スポンサー契約締結 ~ 2018/2019シーズンユニフォームデザイン決定! ~

フットボール関連事業を手掛ける株式会社イミオ(本社:東京都目黒区青葉台、代表取締役:倉林啓士郎)は、日本フットサルリーグ(Fリーグ)所属「Fリーグ選抜」と2018/2019シーズンの「sfida(スフィーダ)」ブランドでのオフィシャルサプライヤー・スポンサー契約を締結。

そして、2018/2019シーズンのユニフォームデザインを決定いたしましたのでお知らせいたします。

サプライヤー・スポンサー契約について
sfidaは2018/2019シーズンのFリーグ選抜のユニフォームサプライヤー・スポンサー契約を締結。

Fリーグ選抜の皆さんと共に挑戦し、成長していけたらと思い、共に戦っていくことを決定いたしました。

Fリーグ選抜について
Fリーグ選抜は、2020年のFIFAフットサルワールドカップだけでなく、2024年大会やそれ以後のアジア、そして世界で勝ち抜いていくことを目的に、2018/2018シーズン、2019/2020シーズンの2年間限定で編成。

2017/2018シーズンを戦ったFリーグ12クラブやその他のクラブに所属し、将来のフットサル日本代表候補となりえる若手の原石により編成。
Fリーグディビジョン1に参戦し、若手選手の出場機会を創出するだけでなく、シーズンを通じ一貫した指導でアジアのトップ、世界でも十分に戦える体づくり、戦術理解の向上を図り、若手選手の強化を進めていく。
Fリーグ WEBサイト http://www.fleague.jp/
 

ユニフォームデザインについて
sfida 2018AWのデザインテーマをモチーフに、

1stユニフォームは若さが飛び散るフレッシュさをペイント柄でイメージ、

2ndユニフォームは各チームから集まり、チームとして形になる様子を幾何学模様でイメージしています。

機能性について
ユニチカ社の機能素材を使用し、生地裏面(肌側)の導水層と生地表面の拡散層で構成される特殊な多重構造ニット素材ですばやく汗を吸収し、発散させます。

夏場の不快感を軽減し、サラッと柔らかな肌ざわりで涼しくさわやかな着心地になります。

▼ABOUT sfida
sfida(スフィーダ)は2005年、高品質な手縫いサッカーボール製造から始まったフットボールブランド。

sfidaは、イタリア語で「挑戦」の意。
高い品質と機能性に、自由でカラフルなデザインを加えた商品でフットボールプレーヤーをサポートします。
<BRAND MESSAGE>
“DO YOUR FOOTBALL”
自分の夢に向かって、自分らしく
フットボールに挑み続ける人をサポートしたい。
それがsfidaの「挑戦」です。<FAIR TRADE>
ボールに関わる全ての人がハッピーになれるブランドを目指し、
sfidaはフェアトレードを推進しています。
sfidaのボール生産工場では、ボールを作る職人たちに適正な賃金と労働環境を提供し、
児童労働のないフェアなフットボールビジネスに取り組んでいます。
※フェアトレード:発展途上国で作られた製品を適正な価格で継続的に取引することで、
 発展途上国の生産者が持続的に生活を向上できるようにすること。

 貧困のない、公正で平等な社会をつくるための考え方。

今後ともイミオ・sfidaを宜しくお願い申し上げます。

sfida公式サイト:https://sfidasports.com//
イミオ公式サイト:http://imio.co.jp/

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック