デジタルピヴォ! プラス

[Fリーグ第2節]スタメンで出る以上は最後まで責任を負って試合を終わらせれることがベスト(浜松GK・岡島工)(2018/7/10)

 

立ち上がり1分で手痛い失点を食らった。

 

左から内村に撃たれたシーンは難を逃れた。

 

カウンターから1対1をつくられ小門に強烈なシュートを撃たれたが距離を詰め体を張ってブロック。

 

ディフェンスとの連携から余裕を持って処理するシーンも。

 

ロドリゴの先制点と同様に岡島が悔やんだ小門のシュート、横っ跳びにセーブに行くが届かなかった。

 

DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1 第2節
湘南ベルマーレ 4-2 アグレミーナ浜松
2018年6月24日(日) 小田原アリーナ 観客数:1,352人
[得点経過]
1-0 01分42秒 湘南ベルマーレ 10 ロドリゴ
2-0 14分24秒 湘南ベルマーレ 10 ロドリゴ ※PK
2-1 26分13秒 アグレミーナ浜松 6 萩原洪拓 
3-1 33分19秒 湘南ベルマーレ 7 小門勇太
4-1 34分21秒 湘南ベルマーレ 8 刈込真人 
4-2 40分00秒 アグレミーナ浜松 11 中村友亮

 

昨年12月以来の先発出場

ゴレイロという、たった1つのし烈なポジション争いーー。アグレミーナ浜松の第2ゴレイロ、岡島工(おかじま たくみ/24歳)が6月24日の湘南ベルマーレ・ホーム開幕戦で、昨年12月23日の前季第31節ペスカドーラ町田戦以来の先発出場を果たした。昨シーズン、岡島の先発は第5節エスポラーダ北海道戦を皮切りに、第10節フウガドールすみだ戦、第14節府中アスレティックFC戦、そして前述の町田戦の計4回(フル出場はすみだ戦のみ)、正ゴレイロ石黒紘久という“壁”を越えながらいずれも未勝利に終わった。その岡島に今季初先発後に話を聞いた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

コースを限定してくれてやりやすかった

(残り 2105文字/全文: 2835文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ