『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

デジタルピヴォ! プラス

分岐点となった第2PK。戦うことで成長をするヴィンセドール白山(2018/7/17)

2018年7月14日、神奈川・横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Y.S.C.C.横浜はファウルを犯してしまった。積極的なプレスをかけた横浜が積み重ねてきたファウルはすでに5。時計は残り8秒と表示されていた。

カウンターからカウンターへ、そしてまたカウンター。双方、集中力を擁する戦いだった。横浜の先制点はこの応酬から生まれている。そして、そのまま前半が終ろうとした時の第2PKだった。

「自分たちのプランとしては、1失点まではしょうがないなと思っていたところで最後の最後で追いつけたので、いい流れに持ってこれた」。

第2PKを担当したヴィンセドール白山の渡邊一城はそう振り返る。ゴールに蹴りこんだ後軽くガッツポーズ、8秒後にまたガッツポーズにその気持ちが表れていた。

この第2PKが分岐点となる。

後半が開始して2分、曽根直人が追加点をもたらす。いい流れをつかんだのは、横浜だった。

(残り 897文字/全文: 1284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題