『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

『僕のせい、全部』若きデウソン神戸を導くキャプテン・森脩の戦い(2018/8/4)

2018年7月27日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「それもフットボールかなと」。

デウソン神戸・森脩は、上手いこと言ったという感じでニヤリとする。「それで取ってくれていたし」と笛の傾向を読み取っていた。727日、アウェーでの第4節、ボアルース長野戦、森は「足に遅れてくる」ことに対し「足を抜く」ことで対処。「ケガをしたくない」という予防策は、長野に前後半合わせて11個のファウルを積み重ねさせた。これもフットボール、神戸のキャプテンは老獪さを持っていた。だが森は、不敵な笑みを浮かべた後に顔を覆う。

「今日は僕のせいですわ、全部」。

審判の意向を読み取り有利に進めるはずだったゲームは、長野4-1神戸。神戸は開幕3連敗となった。

(残り 754文字/全文: 1070文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック