『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

ボアルース長野・城野全輝、古巣・デウソン神戸との再会(2018/8/5)

2018年7月27日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

通りかかった伊藤広樹が、「全然でした、って書いてあげてください」といじる。笑っているキャプテンに「それはあとで、あとで」と同じく笑顔で応えた。

そこへ懐かしい顔がそこを通る。

「帰るんすか? メシ行きたかったっすわ」。

敵軍のキャプテン、森脩に小声で寂しそうに言った彼は、「神戸でやるときな」の返答ですぐ笑顔に戻った。

「(山田)慈英なんか、ウチでメシ食ったりしてましたからね。津田(卓)も、宮本(拓)も、川那部(遼)も、みんな仲良かったんっすよ」。

自然と古巣、デウソン神戸の話題になる。だが、その仲が良かった者はそこにはいない。イタリアへ、広島へ、そして引退とそれぞれの人生を歩んでいる。

彼も新しい人生を歩んでいる。

ボアルース長野の背番号13、城野全輝。長野にもう馴染んでいる彼は7月27日、デウソン神戸と再会していた。

敵として。

(残り 608文字/全文: 998文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック