デジタルピヴォ! プラス

『ボアルース長野にだけは負けたくない』北信越ダービーを知る者、ヴィンセドール白山・廣岡慎也(2018/9/8)

2018年8月18日、柏
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「背負うものが増えたというか」。

廣岡慎也は、ビークスからヴィンセドールに名前が変わった意味を説く。それは「Fの看板を背負った」ことによる意識の変化である。

「ヴィンセドールになってから、スポンサーの方や協力してくださる方や、応援してくれる人がいっぱい増えましたし、その人たちの分も頑張らないと、という意識は強くなりました」。

その廣岡にとっても、白山にとっても特別な日が近づいてきた。「一番意識しているチーム」との一戦である。

99日、F26節、ボアルース長野vsヴィンセドール白山。共に北信越から全国に羽ばたいた者同士の『北信越ダービー』が近づいている。

(残り 689文字/全文: 994文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ