サッカーライター大忘年会→お得な前売19日18時〆

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:緑の男たちが熱くする。デウソン神戸・鈴村拓也監督に勝利の誕生日プレゼント【F2第6節】(2018/9/16)

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第6節
デウソン神戸 4-3 ポルセイド浜田
2018年9月15日(土) グリーンアリーナ神戸 観客数:483人

[得点経過]
0-1 05分14秒 ポルセイド浜田 15 矢田拓也
1-1 06分16秒 デウソン神戸 4 三村里来
1-2 11分41秒 ポルセイド浜田 13 岡本生成
2-2 13分52秒 デウソン神戸 7 金尾裕太
2-3 27分09秒 ポルセイド浜田 8 三浦祐人
3-3 37分27秒 デウソン神戸 19 森脩
4-3 38分08秒 デウソン神戸 19 森脩

▼2人の緑の男は18歳

三村里来と金尾裕太。18歳の緑の男たちが熱くする。その姿を頼もしく感じた大黒柱・森脩がしっかりと応え、鈴村拓也監督に40代最初の勝利をプレゼントした。

その鈴村監督の手首には、選手たちから受け取ったお守りがあった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼苦しい試合を勝つ経験

鈴村拓也 デウソン神戸・監督

勝てたことが一番、ホームで勝てたことが。その目標で今日は戦っていたので結果が付いてきてよかったです。

失点をするならば、と思っていた、実際3失点すべてそうですが、浜田のセットプレーとカウンターは私たちのチームにとって脅威にはなりました。ディフェンスもしっかりしていましたし。その中で最後崩せたというか、ファウルをもらってFKでやりきれたのはよかったんですけれども、本当に苦しい試合でした。苦しい試合を勝つというを経験することによって、チームはもう一段階上に行けるのではないのかと思っています。

ここ最近の浜田のスタッツや試合結果を見ると、先制をしたり追い付いたりとか、前半は拮抗している点差で、どの試合も2点ぐらい決めたりしていたので、普通に終わる試合ではなく前半が同点でもそれは当たり前だということで、ここからどれだけやれるかという指示も出しました。

最後の最後まで、全員が集中力を切らせずやってくれて感謝しています。そのがベースがあって、戦術、戦略だと思いますので。最後の最後の方に結果が出せてよかったと思いますし、今後やり続けていくべき点だと思います。

――監督、お誕生日おめでとうございます。

鈴村 ありがとうございます(笑)。いいお守りになりましたよ、みんなからもらった腕時計が。これで勝てたと思って、大事にしますし。

――またキャプテンの2発の誕生日プレゼントもありました

鈴村 でも、ミスが多かったので、徹底的にミーティングをしたいと思います(笑)。

森 練習します(笑)。

▼ハーフタイムの監督の言葉

森脩 デウソン神戸・キャプテン

前半から後半途中まで僕のところでミス多かったし、足を引っ張っている部分もあった中で、若い選手が結果を残してくれて僕も助けられました。自分のゴールは入ったけど、チームの人たちが作ってくれた場でもあるし、そこからの崩しであったりできましたし。

今回は、兵庫フットボールディということで、サンテレビなど関わらせてもらって告知をした中で、みんなで勝てて喜べるということは嬉しいことだと感じます。ちょっとほっとしました。

――同点で迎えたハーフタイムですが、監督からどんな指示があったのでしょうか?

 今週、先週と、ポルセイドさんの動きを見ながら練習でやってきたことが正直全然できていなかったので、それが余裕を持ちすぎている部分でもあるし、危機感のない部分でもあった前半でした。それを改めてハーフタイムで監督が言ってくれて、もう一度やり直して勝てると、負けたら監督のせいだと、オレのせいにしろという話をしてくれて、僕たちも開き直れたかなと思います。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題