サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:うまくいっていた……はずだったデウソン神戸【F2第8節】(2018/10/8)

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第8節
デウソン神戸 3-5 ヴィンセドール白山
2018年10月7日(日) グリーンアリーナ神戸 観客数:394人

[得点経過]
1-0 09分23秒 デウソン神戸 18 牟田口勇人
1-1 12分04秒 ヴィンセドール白山 23 中嶋亮人
1-2 22分08秒 ヴィンセドール白山 12 佐尾豊樹
1-3 23分52秒 ヴィンセドール白山 19 山口和人
1-4 29分16秒 ヴィンセドール白山 8 永村八一
1-5 35分51秒 ヴィンセドール白山 14 川瀬翔一
2-5 36分02秒 デウソン神戸 10 藤川朋樹
3-5 36分53秒 デウソン神戸 19 森脩

▼デウソン神戸の策

前半9分、牟田口勇人の初ゴールで先制。追いつかれはしたが、後半に向け確かな手ごたえがあった。だが、状況は大きく変わっていた。

イーブンだった前半を終え、デウソン神戸は後半、劣勢を強いられていた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼開幕戦の時にはできていた……はずだった

鈴村拓也 デウソン神戸・監督

最後は少し追い上げれたところはあったんですけれども、残念な失点が2つほどあったので、そこを相手の圧力をかけてきてくるところは差が出たのかなというところです。運んだり回避したりするのが上手なチームなので、そこにプレッシャーをかけてということは開幕戦の第1節の時にはできていたので。次は勝つぞと頑張っていきたいと思います。

▼負けたことには変わりはない

森脩 デウソン神戸・キャプテン

ミスが重なった時に、失点をして。特に少し僕を含めてチーム全体が選手一人一人が、もう少し経験を積む機会増やさないといけないかなと感じましたし。バタバタしていたので、前半の戦い方が開幕戦でやっていたことが一人一人できていたのかなという感覚を持ったところもあったんですけれども、ハーフタイムで負けたら一緒だと。開幕は1点差だったのが、結果と2点差になりましたけど、負けたことに変わりはないので。そこに対してもう1回、チーム、監督、選手が改善していこうと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題