デジタルピヴォ! プラス

ヤバいデウソンを目指して。デウソン神戸のもうひとりのピヴォ、牟田口勇人(2018/10/11)

2018年10月7日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

ビシっとスーツで決め会場入りする金狼。ある時は馬の被り物、ある時はアメリカの大統領の被り物。昨年の牟田口勇人は、誰よりも目立つアスピランチの選手だった。そして今季よりデウソン神戸のトップチームに昇格、F2に戦場を移す。その牟田口は黒髪に変わっていた。

「今年は真面目に」。

そう話した後、「活躍していないので」と遠慮がちにその場を去ったこともある。

「ピヴォは今年から本格的にやっている。今までフィクソだったので」。

そのピヴォが求められる一番わかりやすい結果、それはゴール。今年だけではなく、真面目な性格の牟田口はゴールが決まるまでは多くを語らないようにしていた。

その封印が解禁される。

10月7日、グリーンアリーナ神戸での第8節。ヴィンセドール白山との試合で先制弾を決めたのは、牟田口だった。

(残り 991文字/全文: 1363文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ