デジタルピヴォ! プラス

セクシーフットボールの美学。真杉理久、ポルセイド浜田デビュー戦(2018/10/15)

2018年9月15日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

2018年9月15日、F2第6節、対デウソン神戸。それが真杉理久のポルセイド浜田デビュー戦。アグレミーナ浜松サテライトから移籍してきたばかり真杉は、浜田が作るピッチ上で馴染んでいた。

「合流して2週間ぐらい」だった真杉は、「フィットに関しては、どこに行っても一緒だと思いますよ」と涼しい顔だった。

それは彼のルーツによるものが関係している。真杉はサッカー・ワールドカップ日本代表の乾貴士を輩出した野洲高校出身。真杉は母校の美学である、セクシーフットボールの申し子である。

(残り 810文字/全文: 1072文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ