『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:F2を乱す存在感。ボルクバレット北九州、首位を相手に完封勝利【F2第10節】(2018/11/5)

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第10節
ボアルース長野 0-2 ボルクバレット北九州
2018年11月4日(日)ホワイトリング 観客数:715人

[得点経過]
0-1 16分58秒 ボルクバレット北九州 25 渡辺大輔
0-2 22分15秒 ボルクバレット北九州 14 松永翔

▼ボアルース長野は特殊なチーム

積極的に前へ前へ。センター、サイドと共に奥深くゴールに迫る。

重大発表であったウーゴ サンチェスの加入は、ボルクバレット北九州をひとつ上の階段へと押し上げた。だが、彼には依存をしていない。馬場源徳監督の求める組織の中でウーゴ サンチェスは機能し、他の選手たちが連動をする。

決めるところは決め、抑えるところは抑えた。決してダークホースではない。特殊と評した首位・ボアルース長野に対し引けを取っていない成績、1勝1敗という正当な結果を彼らは手にすることでF2を乱した。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

11敗という正当な結果

馬場源徳 ボルクバレット北九州・監督

もう少し早いタイミングで得点をしてれば、もう少し楽な試合だったかと思います。その代わりディフェンス面に関しては、全員がしっかりとトレーニングしてきたことを集中してしっかりと果たした。その結果が2-0だという結果だと思いますけど、もう少し早い段階で簡単に得点をするチャンスはあったと思います。

――前回長野と対戦した時は敗戦をしています。その反省も踏まえてどういうゲームプランや対策を立ててこられたのでしょうか?

馬場 前回ホームで対戦した時、もったいない失点の仕方がいくつかありまして、その形を分析してそこを基にトレーニングを作り、攻略することが我々の目標でした。

特殊なチームです、ボアルースは。何をと言うのは難しいですが、セットプレーの形もそうですし、彼らの勝利の仕方も特殊でしたので、いつもと違う準備が必要でした。

――ウーゴ サンチェスが加入し、チームとしての構成も変わって、いい効果は出てきていますか?

馬場 もちろん困った時に助けてくれるというのは簡単な言葉ですけど、頼りになる選手でチームプレーをもっと円滑にしてくれる選手なのでいい効果が出ています。若手、中堅の選手も彼から学ぶことが多くて、私たちが成長するにはいい時期だと思います。

――具体的にチームプレーなどで彼が加入する前と後でよくなったところはどういったところでしょうか?

馬場 まずはすべてのバリエーションが増えますよね、体現できる選手なので。私たちの考えていることを体現できるということでスペインから呼んでいますから、口で言ったりボードで見せたりビデオで見せてもできないことを彼は体で見せてくれます。それに応じて、他の選手たちがそれを発見していく。一言でいうと、バリエーションが増えました。

――リーグの終盤戦に向けて、首位の長野に対して大きな一勝になったと思います。今日勝った率直な今の感想はどうですか?

馬場 ふたつ気持ちがありまして、ひとつの気持ちはやっと正当な結果が来たかなという気持ちがひとつです。前半戦でも勝てるチャンスはありました。ただし長野さんはすごくしぶといフットサル、いいフットサルなのでそこに屈しましたけども、言葉を返せば勝てるチャンスもあったので、今回に関しては11敗ということで正当な結果なのかなと、この試合に関してはその気持ちがあります。

全体的な気持ちとしては、チャレンジリーグもせずF2に入ってF1を目指すチームなんですけども、残り4試合とカップ戦に向けて自分たちのチーム作りと自信が生まれればと思っています。

▼リーグをかき回す、その足がかり

村山竜三 ボルクバレット北九州・GK

――前回の対戦の反省も踏まえ、どういうゲームプランや対策を立ててこられたのでしょうか?

村山 監督がスカウティングしてくれているんで、それに基づいたトレーニングを遂行するだけでした。それをこの試合のピッチで体現する、それだけです。

――ウーゴ サンチェスが加入する前と後でよくなったところはどういったところでしょうか?

村山 ウーゴは練習に取り組む姿勢、僕もFリーグに所属してやっていましたけどその選手はちょっと違うなというのは感じますね。練習から常に一生懸命やってコミュニケーションも取ってくれますし。そういう面でも彼の培ってきたスペインリーグでの経験がすごく還元されているなと思います。

――今日の勝利の率直な感想はどうですか?

村山 まずは嬉しいのがひとつです。あと、リーグをかき回すと言ったら変ですけど、僕らも上を狙っているので、その足がかりのひとつにはなったんじゃないかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック