デジタルピヴォ! プラス

スペインからの使者、ウーゴ サンチェス。ボルクバレット北九州と共に創造するものとは?(2018/11/9)

2018年11月4日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「日本語で縦、縦、中、中と指示を出していましたね」と聞くと、馬場源徳監督は笑いながらスペイン語に訳す。するとウーゴ サンチェスも笑った。ふたりは「6年の付き合い」がある友である。

「一番努力をしないといけないのは私です。日本に来たからには、私が順応しなければいけない」。

それが、スペインで活躍した選手の持論。ウーゴ サンチェスは、「フットサルに必要な基本的な日本語は覚えた」と続けた。

この持論がピッチ上でも見て取れる。ウーゴ サンチェスは、ひとりでゴールを陥れるプレーはしない。彼は、ボルクバレット北九州の仲間と共に戦っている。

(残り 1193文字/全文: 1482文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ