サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

[F2第9節]トータル10ゴールでチーム得点王の柏・田中惇史。「遠くからでも撃ってる結果です」(2018/11/10)

 

強打に行くだけではなく、鋭い縦への仕掛けから仲間にラストパスを供給するケースも。

 

Fリーグ2018/2019 ディビジョン2  第9節
トルエーラ柏 5-3 デウソン神戸 
2018年10月20日(土) 柏市中央体育館 観客数:402人
[得点経過]
1-0 00分37秒 トルエーラ柏 9 田中惇史
2-0 12分36秒 トルエーラ柏 36 横山巧  
2-1 16分09秒 デウソン神戸 19 森脩 ※第2PK
3-1 21分03秒 トルエーラ柏 9 田中惇史
3-2 24分38秒 デウソン神戸 19 森脩
4-2 29分33秒 トルエーラ柏 22 麻賀郁 
5-2 32分29秒 トルエーラ柏 10 宗像郷
5-3 34分33秒 デウソン神戸 5 柿本輝

 

6試合連続ゴール!

1位 田口剛志(ボアルース長野) 13点 出場10試合
2位 田中惇史(トルエーラ柏) 10点 出場10試合 
3位 阿部修兵(ボアルース長野) 9点 出場10試合
   滝沢拓也(Y.S.C.C.横浜) 9点 出場9試合   
F2のゴールランキングは現在、上記の4人が得点王を競っている。その中で柏の♯9田中惇史(30歳)はここまでホーム4試合で5点をゲットし、なおかつ第7節と第9節で各2ゴール、2番手の宗像、碓井、川瀬(5点)に大差をつけるチーム得点王だ。しかも第2節で今季初ゴールを挙げると、第4節ヴィンセドール白山戦から6試合連続ゴール中。当然、自らのストロングポイントを決定力といい切る田中だが、関東リーグのファイルフォックス府中(当時)、F1の府中アスレティックFC所属時代から強く意識してきた結果が現在につながっている。
http://www.fleague.jp/score2/goalrank.html

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

第2PKマークの後ろぐらいから撃たないと

(残り 1678文字/全文: 2413文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題