サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

若手と共に作っていく楽しさ。藤川朋樹のデウソン神戸での日々(2018/12/7)

2018年9月15日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「オレの方が少ないか」と森脩が悔しがる。「シュート数で競っているんで」と試合後にリザルトを見ながら、あるチームメイトのシュート数を指さす。

その選手の名前は、藤川朋樹。「みんなが僕にシュートを撃たせてくれている」と謙遜をしていた。

藤川は「なんで神戸?」と開幕前に言われたことがあるらしい。デウソン神戸で1、2を争うシューターは、自主降格という形でF2に移った古巣にいる。そして、その古巣かつ地元である神戸での生活は「すごい楽しい」と笑った。藤川は「作っていく段階」を楽しんでいる。

(残り 816文字/全文: 1084文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題