監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

デジタルピヴォ! プラス

[Fリーグ第30節]今日は、試合を通して自分の好きではないチームが出てしまった。(浦安・アルベルト リケル監督)(2019/1/20)

無念の思いを語るリケル監督。左は渡邉通訳。

 

DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1  第30節
バルドラール浦安 0-4 湘南ベルマーレ 
2019年1月19日(土) 浦安市総合体育館 観客数:1,094人
[得点経過]
0-1 00分17秒 湘南ベルマーレ 44 本田真琉虎洲 
0-2 04分24秒 湘南ベルマーレ 7 小門勇太
0-3 26分56秒 湘南ベルマーレ 10 ロドリゴ
0-4 37分41秒 湘南ベルマーレ 15 鍛代元気 ※PP返し

乏しい敢闘精神と攻撃パターン

今季からバルドラールを率いるスペイン人監督はシーズン中盤、チームの成長への手応えを口にしていた。しかし今節の監督は落胆の思いを例の早口で語るばかりだった。僕も、後半の浦安の攻撃を湘南ゴール横のピッチレベルで見ていて、約7分を残して打って出たパワープレーを別にすると、ピヴォの青山(♯13)の左からの仕掛け以外、浦安の攻撃のパターンを見る機会がなかった。ディフェンスの裏を突く動きも皆無だった。「好きではないチームが出てしまった」と嘆く監督の気持ちがわかる気がした。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

▪️記者会見
(試合を振り返って)
アルベルト リケル バルドラール浦安監督
戦う気持ちの部分で上回っていかないといけないのに…

「えー、まず、試合を通して今日は自分の好きではないチームが出てしまったかなと思っています。その中で特に最初連続で2失点してしまった。それはもう自分たちにとっては大きな痛手だったと、いうふうに考えています。湘南というチームは技術の高い選手が多いチームなので、そういう相手に対して自分たちは少なからず態度であったりとか、気持ちで戦う部分であったりというところで少なからずそこで上回っていかないといけない。でも、それが今日はできなくて最初に2失点してしまった。さらには自分たちは点を獲るのが非常に苦しいチームなので、最近の試合でもキックインからとか、あとはパワープレーで点を獲っているけれども、それ以外のところで点が獲れないというところが今もなおかつ課題である。そういうわたしたちにとって、0-2から始めなければいけない部分は非常にきついところでした。

総評すると、自分の好きでないチームが出てしまって、態度とかといった部分で残念な気持ちはあります」

 

(質疑応答)
若い選手のほうが気持ちの部分で勝っていた

Q 選手起用についてだが、後半は、宮崎選手とか野村選手とかよりも、染野選手ら若い選手の出場時間が長かったと思うが、そこの意図は?

リケル 若い選手を今日使えたっていうのは今日の試合で唯一のいい面でした。若い選手を多く起用した理由としては彼らのほうが態度とか気持ちの部分で出てない選手より勝っていたこと、少なからずそれを若い選手がピッチ上で表現してくれたってことは、わたしにとってはポジティブな感情でとらえることができたので、そこはよかったかなと思います。

Q 話にもあったが、試合に向かう態度とかという面で湘南のほうが、例えばギリギリのところまでボールを追いかけていくとか、自陣に押し込まれてもボールを失わないといった意識が高かったように感じた。そういった部分をチームとしてどのように改善していくつもりか。

リケル 本当におっしゃるとおり、今日は湘南のほうが態度という面でも上回ってたんじゃないかと思っています。日ごろから監督として選手たちに最後まで行くところとか、シュートまで行き切るところだったりとか、その態度については口酸っぱくいってるところです。それを出せなかったのは残念だったし、その結果、今日は好きなチームではなかったという表現になりました。改善する方法としては、切り替えてトレーニングからまたしっかりやっていくことかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック