今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

デジタルピヴォ! プラス

無料記事:Y.S.C.C.横浜、敗戦。F2初年度を2位で終える【F2第14節】(2018/1/21)

2019年1月20日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第14節
デウソン神戸 3-1 Y.S.C.C.横浜
2019年1月20日(日)グリーンアリーナ神戸 観客数:862人

[得点経過]
1-0 19分54秒 デウソン神戸 10 藤川朋樹
2-0 23分21秒 デウソン神戸 8 小村優太
3-0 33分11秒 デウソン神戸 10 藤川朋樹
3-1 39分54秒 Y.S.C.C.横浜 77 稲葉洸太郎

フットサルの恐ろしさ

ゴールが遠い。川﨑柊音や稲葉洸太郎らが放ったシュートは、惜しくもバーを叩く。そして前半終了間際、セットプレーから得点を許してしまった。

勝たなければいけない。そんなことは横浜の誰もが理解をし、しっかり準備をしてきた。だが、勝負は時の運とも言う。彼らは勝負の恐ろしさに直面した。

放心状態の者もいれば、涙を流す者もいた。そして前田佳宏監督は静かに、ひとりベンチで必勝を祈願した横浜ブルーのダルマを見つめていた。

▼そんなに甘いものではない

前田佳宏 Y.S.C.C.横浜・監督

まず、デウソンさんにこのような素晴らしい会場を、雰囲気を、お客さんをありがとうございました。

僕たちは勝てば優勝、と意気込んで臨んだんですけども正直結果がついてこなかったなと思います。ゲーム直後なので、何がいけなかったのか整理はできていない形です。

唯一はっきりしているのは、一番最初に目標を勝ち点35というところから入っていて、それを達成できなかったことがそもそものエラーだったのかなと思います。

冷静に数字を見ると35だと優勝だったのでそこが自分たちが取れなかったのが、このような結果というか、そんなに甘いものではなく、そもそもそれがよくなかったのかなと思います。

選手たちは、よくやってくれたと思います。僕がまだまだ優勝を導くような力が自分になかったのかなと今は思います。

リーグはこれで終わってしまいますがまだシーズンはあるので、全日本フットサル選手権でもっと成長した、今日のゲームよりもはるかにみなさんが喜んでもらえるような、心を熱くさせるゲームができるようにがんばっていきます。

▼何がダメだったのか……

宿本諒太 Y.S.C.C.横浜・キャプテン

気持ちの整理がついていないですし、なんでこうなってしまったのかわかっていない状態です。

ただひとつ言えることは僕らは、優勝がかかっている試合やホーム最終戦であったりとか、大一番で今季はことごとく勝ち点を失ってきた。期待に添えるような結果が残せてこれなかったことは、今日だけじゃなくてシーズンを通してのチームを表しているような形だと思います。キャプテンである自分のチームマネージメントであったりとかそういったところの方が原因としては大きいのかなというところで。

何が間違っているのか、何がダメだったのか、試合が終わってからずっと考えているんですけども見つからないままです。

ただこの試合に対して準備であったり、振り返っても特に不足したところはない、悔いのない準備はできたのかなと思っていたんですけど、それで足りなかったのでそれが僕らの現状の実力なんだなと思い知らされたところがあります。優勝するチームじゃなかったんだなと痛感させられているので、今は気持ち的にショックを受けています。

何よりもサポーターの人たちがあれだけ期待してくれている中で、そこに対して応えられなかったところに悔しさがありますので、次、絶対に喜ばせてあげられるようなチームを作っていきたいと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック