「残留請負人」前讃岐監督・北野誠が語るJ2監督論。魔境を生き抜く極意とは?(J論)

デジタルピヴォ! プラス

関東女子フットサルリーグ参入戦結果(2019/2/6)

【関東女子フットサルリーグ参入戦】

2019年2月3日(日)渋川市総合運動公園体育館

 

1回戦
第1試合 TOCAR jugadoras 新宿(東京2) 2-1 Amarelo/峰FC(栃木)

試合開始2分、TOCAR #11 金田がGKと対面し放ったシュートは肩口を切ってゴールネットに突き刺さった。
後半半分を過ぎたところで、TOCAR #6 池戸がゴールど真ん中に撃ち込んで2点をリード。
どうにか追いつきたいAmareloは#9 鈴木が1点を返すが追いつけず2-1でTOCAR jugadoras 新宿の勝利。

 

TOCAR jugadoras 新宿(東京2)。

 

Amarelo/峰FC(栃木)。

 

 

 

第2試合 シュートアニージャ(神奈川) 5-0 Ambition(埼玉)

創設してまだ半年しか経っていない初出場の埼玉Ambition。
一昨シーズン前までに関東に所属していたアニージャに苦戦。
時折上がるもなかなかフィニッシュまで持ち込めず。
アニージャ#19 伊藤はハットトリックの活躍で、5-0とシュートアニージャの完勝。

 

シュートアニージャ(神奈川)。

 

Ambition(埼玉)。

 

 

 

 

第3試合 プリティー ミト リーベ(茨城) 0-15 DREAM futsal park/ポルコ(群馬)

ポルコのワンサイドゲームで、15点もの大量得点を生んだ。
15分ハーフの試合で、単純に考えて2分に1本ゴールが生まれている計算。
#13 木元はゴール前に待ち構える、ゴールに滑り込んだりと、この試合5得点を稼ぐ。
木元はディフェンスでもオフェンスでも走り負けない気迫。
プリティー ミト リーベは完全に抑え込まれての敗戦となった。

 

プリティー ミト リーベ(茨城)。

 

DREAM futsal park/ポルコ(群馬)。

 

 

 

 

第4試合 十条フットボールクラブレディース(東京1) 0-0(PK 2-1) MADEIRA/BRANCO fv(千葉)

ややMADEIRAが優勢に試合を進めたが、どちらも譲らず。
昨日、今日含めて、初めてのスコアレスドローとなり、PKでの決着となった。
先行は十条、1人目、2人目と成功、3人目が失敗。
対してMADEIRAは1人目が失敗、2人目が成功、3人目が失敗となり、2回戦は十条フットボールクラブレディースが進出した。

 

十条フットボールクラブレディース(東京1)。

 

MADEIRA/BRANCO fv(千葉)。

 

 

 

 

2回戦
第1試合 TOCAR jugadoras 新宿 1-4 シュートアニージャ

前半、アニージャ#11 日景の先制で始まり、#6 梅澤、#17 原田と前半を3-0で終える。
後半半分に差し掛かったところで、TOCAR #7 鈴木がバランスを崩しながらもゴールへ押し込んで、なんとか1点を返す。
反撃もそこまでで、後半10分にアニージャ#9 石川のダメ押し弾で1-4でシュートアニージャの勝利で、来週の入替戦は関東女子9位のthe sunkisstとの対決となる。

TOCAR jugadoras 新宿(東京2)。

 

シュートアニージャ(神奈川)。

 

 

 

 

第2試合 DREAM futsal park/ポルコ 3-1 十条フットボールクラブレディース

1回戦で5ゴール決めているポルコのキャプテン#13 木元が前半開始2分で先制弾を決め、続いて#11 深田が2点目を獲って前半を折り返す。
後半2分にポルコのGK #4 石川から、前線にスロー。
受け取った#8 勅使河原は反転してシュートを撃ち、それがゴールとなり3点目。
2分後、十条にこの日初めてのゴール。
決めたのは#6 宮下。
それ以降はお互いにゴールなく3-1で終了し、ポルコの来週の入替戦は関東女子8位のFOREST ANNEXとの対決となる。

 

DREAM futsal park/ポルコ(群馬)。

 

十条フットボールクラブレディース(東京1)。

 

 

 

まとめ◆デジタルピヴォ! なか

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック