【サッカー人気4位】松尾佑介が背筋を伸ばして話す先輩、関根…

デジタルピヴォ! プラス

長野を照らす光、ボアルース設立者・原山英之が背負うもの(2019/2/22)

2019年1月14日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

 2011年、長野でとあるフットサルクラブが誕生した。「全国各地の地域が盛り上がらないとFリーグが盛り上がらない」という志を持った彼らは、BOA(善い)とLUZ(光)を合わせた『BOALUZ(ボアルース)』と名乗る。

「4人で練習したこともあったし、ゴールがない体育館で練習もした」。

そう話すボアルース設立者・原山英之の腕には、ボアルース長野のキャプテンマークが巻かれている。そのボアルースは2019年、F2で優勝。トップリーグであるF1への挑戦権を手にしていた。

(残り 902文字/全文: 1162文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ