【サッカーパック人気5位】 【第36節・愛媛戦コメント】本間至恩選手、大武峻選手、堀米悠斗選手、早…

デジタルピヴォ! プラス

返り咲きは泥臭く勝ちきれた(BANFF TOKYO・#14 井上和典)[東京都1部]

2019年4月6日  駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

(PHOTO、TEXT・なか)

 

2シーズン振りに東京都フットサルリーグ1部(以下、都1部)に返り咲きを果たしたBANFF TOKYO。
開幕戦は昨シーズン都1部2位の情熱ロンリネスと対決。
初戦から、昨シーズン上位だったチームとの対決に都1部の洗礼を受けるのか。
箱を開けてみれば、獲られ、追いつき、追い越しの好ゲーム。
最後はキャプテン自らゲームを勝ちで締めくくる2得点。
この2得点が、このゲームの勝敗を決した。

 

第6試合 情熱ロンリネス 5-6 BANFF TOKYO
[得点経過]
 1-0 1分 情熱 #7 田所大樹
 1-1 4分 BANFF #24 藤重亮
 1-2 5分 BANFF #11 嶋津信吾
 2-2 6分 情熱 #7 田所大樹
 2-3 19分 BANFF #15 岡晃弘
 3-3 26分 情熱 #55 土屋勇貴
 3-4 30分 BANFF オウン
 3-5 33分 BANFF #14 井上和典
 4-5 34分 情熱 #14 浅野慧
 4-6 34分 BANFF #14 井上和典
 5-6 34分 情熱 #14 浅野慧

 

 

Pivo! 2部からの返り咲きの開幕戦での勝利、おめでとうございます。

井上 ありがとうございます。

Pivo! ご自身としては、逆転弾(公式記録ではオウンゴール)からの怒とうの連続ゴール、非常に圧巻でしたね。

井上 そうですね、自分、個人的には入りすごい悪くて、いつもどおり、結構入り悪いとよくない時間が続くんですけど、まぁ、そこできれいにワンツー決めて、あそこで一本いいのができて、そこから結構乗れたのかなと

Pivo! かなりできていましたね。

井上 今シーズン、結構オフが短かったっていうところもあって、個人的には今年1部へ返り咲くところで、本当に負けたくないっていうのがあったので、自分、個人としては、オフなしで臨んできて、体ができた中で、戦えたってところは本当によかったと思います。

Pivo! 入れ替え戦が2月でしたっけ?

井上 そうです。2月の頭にあって、もう4月の頭に開幕だったんで。

Pivo! 休む暇がなかったですね。

井上 まぁ、チームとしては、3月頭まではオフって形だったんですけども、コートも年間で取っているし、そういうところもあったんで、個人的にはシュートの練習と、あとは筋肉トレーニングをやってきて、走力ってところは、情熱さんも走力ってところがウリだ思うんですけど、絶対走りまけないぞってところで、泥臭くやれたのがよかったかなと思います。

Pivo! キャプテン自ら、勝利にだいぶ貢献して、気持ちがよかったんじゃないですか?

井上 そうですね、いつも・・・去年も、全然で、2点しか獲れなくて、自分としては本当に悔しいシーズンを何シーズンか送ってきた中でのスタートで、BANFF入って開幕でこんなにいい結果残せたのは初めてなんで、仕上がったところを・・・仕上がったというか、チームとしてみんなで戦えたってところがよかったのかなと思います。本当にシュートなんかは、自分のおまけと思っているんで、よかったと思います。

 

(残り 1048文字/全文: 2303文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック