大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

デジタルピヴォ! プラス

LIGARE TOKYO ファン感謝祭&新体制発表会①(塩雄大、眞境名和男)

2019年4月21日 FUTSAL DAIBA

(PHOTO、TEXT・なか)

 

毎年恒例のLIGARE TOKYOファミリーによる、ファン感謝祭&新体制発表会が開催された。

トップチームを始め、サテライトのロコス、U-18、Over40、レディースと、ファミリーが一堂に介するイベントだ。
どこのチームをみても、すべてのカテゴリーがそろうというイベントはなかなかない。
また、このイベントには退団する選手、新たに入団した選手も参加する。

LIGARE TOKYOの新しいシーズンは、チームの中心となっていた江藤綸汰朗が退団となった。
非常に痛い退団となるが、その穴を埋めるべく、4人の選手が入団となった。
江藤綸汰朗は仕事の都合で、当日は欠席だった。

入団する4人と、前所属は次のとおり。
・塩雄太(IWATSUKI FUTSAL CLUB/tzk)
・眞境名和男(府中アスレティックFCサテライト)
・坂本宏喜(バサジィ大分)
・森脩(デウソン神戸)

新入団選手の3人前へ。左から坂本宏喜、眞境名和男、塩雄太。

 

残念ながら、森脩も今回は欠席だった。
サテライトのロコスも含め、トップ争いは厳しい。
今シーズンは関東リーグ優勝、地域チャンピオンズリーグ優勝、全日本フットサル選手権大会全国を視野に入れ、期待できるチームとなる布石になるメンバーだ。

ファン感謝祭&新体制発表会は、当日集まった選手たちと、スポンサー・ファン・サポーターたちが、一緒になってフットサルを楽しむ。
そんなイベントだ。

この場に集まった入団・退団選手を中心にインタビューを行った。
全5回で、その模様をお届けします。

まずは今回はトップに入団した、4人のうち、2人から話をうかがってみた。

(残り 2375文字/全文: 3158文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック