【サッカーパック人気2位】 多くのメディアの「松尾一主審が自分では決められない。 運営が決めると言…

デジタルピヴォ! プラス

実際、自分たちがやってた戦術だけどそれが相手になると面倒くさいですよね。(湘南ベルマーレ・奥村敬人監督)[FリーグTRM]

 

2019年5月6日 小田原アリーナ

(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

長野は前半、ゴレイロからのロングボールを相手ゴール前へ何度も放り込んだ。

 

その度に湘南ゴール前に緊張が走る。湘南は180cmを超える長身フィクソ、マルロン(右から2人目)がヘディングではじき返した。

 

トレーニングマッチとは思えない厳しいボール奪取を見せる湘南・内村(右)。相手は長野期待の日系ペルー人、真栄城。

 

奥村監督のいう“2人の関係”を体現するロドリゴとマルロン。2人はオーシャンカップで流れの中からゴールが奪えるか。

 

これも湘南が目指す相手の自由を奪う追い込みからのボール奪取。ロドリゴのディフェンスはやばい。

 

この試合の先制ゴールを決めた植松。強打とみせて詰めてきたゴレイロの頭上をかわす技ありゴールだった。

 

フェリペが倒されて得たフリーキックをロドリゴが決めた。これで2-0。

 

コーナーキックのディフェンスをするフェリペ。彼はカウンターからチーム3点目を決めた。

 

▪️Fリーグ2019/2020トレーニングマッチ

湘南ベルマーレ 3-1 ボアルース長野

 

湘南対長野。昨シーズンまで湘南で仲間として戦ってきた両指揮官の初対決は、幕を開けてみれば、バチバチの戦いとなった。長野の横澤監督がとってきたロングボールを放り込む戦術を湘南の奥村監督は、宣戦布告と受け止めたようだ。

 

2017年当時を思い出す戦術

(残り 1850文字/全文: 2497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック